> >

スムーズな産後ダイエットのポイントは妊娠中の体重管理にあった!


 
「妊娠中に体重が10㎏増えて、戻すのが大変」という話を聞いたことがあると思います。私自身、妊娠中に8㎏増えましたが、助産師さんの反応は「優秀、優秀」とのことでした。妊娠中の10㎏増加というのは、実は通常の範囲内なのです。

スポンサードリンク

 

妊娠による体重増加の目安

妊娠前の体重増加目安は、BMIという肥満率を示す数値によって異なります。
BMIは

BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

で求めることができます。22が標準値です。

痩せ型  18.5未満      体重増加 9㎏~12㎏
ふつう  18.5~25.0未満   体重増加 7㎏~12㎏
肥満   25以上       体重増加 5㎏~7㎏
 ※25を大きく超える場合には5㎏程度

 

妊娠によって体重が増える理由

なぜ、体重が増加するのでしょうか。もちろん赤ちゃんの分もあります。でも、産まれてくる赤ちゃんは3㎏程度です。では、残りの7㎏分は、全て妊婦さんの脂肪となっているの?という心配もあります。産後、7㎏減量というと、確かに減らすのはかなり大変そうです。

ですが、体重が10㎏増えたとしても、脂肪として蓄えられているのは、3㎏程度なのです。
あとは、赤ちゃんが3㎏・羊水が2㎏・血液増加分が1㎏・大きくなる子宮と乳房が1㎏という具合に、脂肪ではないのです。脂肪は、妊娠中の赤ちゃんと母体を守り、出産と出産後の母乳育児の準備のために必要な分なのです。そして、蓄えた3㎏程度の脂肪は、出産後の母乳育児で、ほとんどなくなってしまうのです。

 

増加が正常の範囲内ならダイエットは不必要

ですから、正常範囲内であれば、体重増加は自然のことととらえて、心配して無理にダイエットなどと考える必要はありません。むしろ、無理なダイエットが妊娠中のトラブルの原因になったり、母乳の出を悪くしたりする原因になってしまうのです。

問題は、必要以上の増加です。必要以上の増加分は、間違いなく妊婦さんの脂肪として蓄えられる分だからです。脂肪が溜まり過ぎると、お産が困難になるだけでなく、妊娠中毒症などを引き起こしかねないので、妊娠中は体重管理についてとても厳しく言われます。

 

体重増加が適正の範囲を超えないために

過度なダイエットは、赤ちゃんの発育の妨げになる上に、何もしないと今度は体重が増えすぎて危険……。と、妊娠中の体重管理は非常に難しいです。適正な体重増加で収めるためには、なるべく適度な運動を心がけて、栄養バランスを整えることが必要です。

私は、積極的にプレママ教室に通いました。産婦人科や自治体では、妊産婦さん向けの講習を行っているところが多いです。初期・中期・後期と時期をわけて、その時に必要な栄養バランスや食事の注意・運動の方法などをかなり丁寧に教えてくれます。具体的なレシピなども配布されるなど、とても参考になります。

 

ストレスを溜めないことも重要

そして、色々な不安にも個別に答えてくれますので、不安を抱えている場合には特におすすめです。ストレスがあると、つい食べてしまったりするなど体重の増加につながります。不安を解消するだけでも、ゆったりとした気分で体重管理をすることができます。

正しい食生活を身につけて産後も継続することで、健康を維持しながら無理なく体重をコントロールすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.