> >

産後ダイエットのために知っておくべき妊娠中の身体の変化とは?

産後ダイエット
 
産後のダイエットは大変と思っている人も多いと思います。産後にダイエットで苦労しないためにも、妊娠中に起こる身体の変化を知ることが大切です。
「妊娠で女性の身体は大きく変化します。」とよく聞いていましたので知ったつもりでいましたが、自分自身が実際に妊娠してみて初めて分かったことがたくさんありました。そして、妊娠中から気をつけなければ、産後に苦労が増えることも身をもって感じました。

スポンサードリンク

 
妊娠中は分泌されるホルモンバランスが大きく変わり、身体に様々な変化がでてきます。
その中でも、産後の体型変化に大きく関わっているのは、「骨盤の緩み」と「脂肪の蓄積」です。

 

妊娠・出産で骨盤がゆがむ理由

骨盤は本来強固な関節であり、緩むことはありません。しかし、妊娠中は、お腹の中で成長する赤ちゃんの居場所を確保するためにも、出産の時に赤ちゃんが産道を通れるようになるためにも、骨盤を広げないといけないのです。そのために、骨盤が緩くなるようホルモンが分泌されるのです。

脂肪が蓄えられることは知っていましたが、まさか、強固な骨盤の関節が緩くなっていくことは知らなかったので驚きました。
これは、捻挫の後のような状態といえます。
足首の捻挫をしたことはありませんか? 痛みが酷く、治るのにも何か月もかかります。そして、一度捻挫をすると、関節の緩みを改善するためには、筋肉によるカバーが必要不可欠になるのです。

足首でも相当な痛みと治療期間が必要なのですから、産後の骨盤が捻挫と同じ状態だと考えると、かなり大きなダメージです。そして、修復に時間がかかり、かつ、筋力の強化をしっかりしなければいけないことも分かります。それを怠ると、産後に体型を戻すことはできないのです。

 

脂肪の蓄積はなぜ起こる?

実際に体型変化を引き起こす原因となるのが脂肪です。女性は、もともと脂肪をためやすいのですが、妊娠中は特にその傾向が強くなります。お腹を守り、出産の体力をつけるために脂肪が必要となるからです。ですので、妊娠中の脂肪の蓄積は、ある程度は必須といえます。そして、適正な範囲内での増加であれば、産後にそれほど苦労することなく脂肪を落とすことができるのです。

妊娠中の体重管理は非常に難しいものです。そのため、必要以上に溜めこんでしまうのです。
産婦人科に行くと、体重の増え方を指導されると思いますが、医師や助産師の指導に従って、妊娠中からしっかりと体重管理を頑張ることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.