> >

卒乳・断乳後の激太り対策に!産後ダイエット、食事と運動


 
食べても太らなかった授乳期間。
考えてみると夢のような毎日でしたよね。
でも離乳食が始まり母乳がメインでなくなってくると、量も落ち着いてきますし徐々に断乳・卒乳へとシフトしていきます。
仕事に復帰する女性もいるでしょうし、女性側のライフスタイルも変化する時期ですよね。

スポンサードリンク

 

卒乳後に太る理由

産後1年ぐらいで、妊娠前のカラダにほぼ戻っているものです。
しかし、中には産前とほとんど変わらない、という人も。
授乳中についた食べグセが、卒乳後にも引きずってしまうパターンもあります。
普通はおっぱいをやめると自然と食欲もなくなるものですが、つい口が寂しくなるときってありますよね。

また、家事や育児のストレスで食欲に走ってしまうこともあります。
一度ついてしまった習慣、なかなか断ち切るのは難しいものです。
過激なダイエットに取り組む必要はありませんが、卒乳後のリバウンドを防ぐために、これだけは知っておきましょう。

今まで母乳で消費していた分だけ、摂取カロリーを減らせば、激太りすることはありません

 

授乳で1日600kcalが消費される

個人差がありますが、母乳での消費量は1日5~600カロリーです。
卒乳を終えても同じ量を食べていれば、毎日5~600カロリー余分に取り続けていることになります。
これはホットケーキ2枚分に相当します。
運動量は変わらないのに毎日おやつにホットケーキ2枚では、太らないほうがおかしいですよね。

 

同じ量を食べても太らない人も

でも、子供の活動も活発になってくる時期なので、同じ量を食べていてもやせる人もいます。
また、体重が増えて悩む人がいますが、脂肪が筋肉に変化したことによる場合もあります。
筋肉は脂肪より重いため、太ったわけではないのに体重は増えている、というのはそのためです。
数字に惑わされず、体全体を見て判断しましょう。

 

体を動かして自然なダイエットを

卒乳後は、今まで食べていた母乳分のカロリー摂取を減らし、消費を増やすことで無理なくやせましょう。
妊娠前の何も制限のないカラダに戻ったので、好きなだけ体を動かすことができます。
食べる量を我慢するだけでは、脂肪が蓄積されやすい、いわゆる「太りやすいカラダ」になってしまいます。
筋肉量を増やして、代謝のいいカラダ作りを意識しましょう。
30分のウォーキングを週4日ほどできれば理想です。

でも子供が小さいと、なかなか一人で運動するのは難しいですよね。
子供との散歩でもいいですし、スクワットなど家でできる筋トレも試してみましょう。
少し息がはずんでくるくらいの運動量を基準に、太りにくいカラダ作りを始めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.