> >

産後の運動はいつから可能?授乳中のダイエットで注意すべきこと

産後ダイエット
 
妊娠・出産は女性にとって人生の最大イベント。
であると同時に体や心が大きく変化する時です。

スポンサードリンク

 
出産したのに体重が産前と変わらない……。
過食が止まらない……。

ダイエットしたいと思っても、妊娠前とは同じではない今のカラダ。
特に食事と運動は、今の体調と相談しながら進めて行きましょう。

 

何をどれぐらい食べたらいい?

授乳中はとにかくお腹がすきます。
私も完全母乳だったせいか、常に空腹感がありました。
妊娠中、体重管理が厳しかった人は、その反動もありなおさらです。

授乳というのはとてもカロリー消費が高く、1日600カロリーに相当するとか。
女性の基本摂取量が1日1800カロリー。
それプラス600カロリーで、2,400~2,500カロリーが授乳中の女性が摂取できる目安です。

 

授乳中の食事として和食は理想的

2,500カロリーというとかなりの量ですが、だからといって何でも食べていいわけではありません。
よくいわれるのが、和食中心の食事です。
特にお味噌汁はタンパク質や野菜、水分が一度にとれるので、授乳中の食事に取りいれたいもの。
また、タンパク質は良質な母乳のためにも、積極的にとりたいですね。
豆腐や豆製品、魚や赤みの肉などのおかずが理想的です。
タンパク質は太る、と思われがちですが、タンパク質をカットしてしまうと筋肉量が減り、代謝の悪いカラダになってしまいます。

 

おやつの内容には要注意

食事の時間がとれなかったり、育児疲れやストレスから甘いものに手が伸びてしまいがち。
菓子パンなどの甘いものは満腹感を与えますが、高カロリーで脂肪として蓄積されやすいので要注意です。
お腹が空いた時は、果物やチーズ、ヨーグルト等がおすすめです。
そう、産後ダイエットに有効な食事は、いい母乳を作るための食事でもあるんです。

 

産後のエクササイズはいつから?

出産という大仕事を終えた女性のカラダは、精神的にも体力的にも消耗しきっています。
産後うつという言葉があるように、ホルモンの働きで気持ちも不安定。
カラダのほうも、まずは回復を第一と考えましょう。

産後1ヶ月は、とにかく体を休めることに集中。
ダイエットの事を考える暇がないほど、忙しい頃かもしれませんね。
体型も子宮や骨盤が元の状態になるにつれ、徐々に戻っていくのであせりは禁物です。

産後2ヶ月を過ぎたあたりから、普通の日常生活に体を慣らしていきましょう。
と同時に、ヨガや骨盤調整などのエクササイズが可能になってきます。
6ヶ月を過ぎるとウォーキングなど、妊娠前と変わらない運動も可能になってきます。
激しい運動はまだ体に負担をかけますが、少しずつ体を動かしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.