> >

エルゴベビーでエクササイズ!赤ちゃんを抱っこしながら産後ダイエット

出産後 赤ちゃんと女性
可愛い子どもを出産後は、赤ちゃんの寝顔に癒されながらも慣れない育児に直面し、一日中が赤ちゃん中心の生活で、なかなか自分の時間は取れないものです。

スポンサードリンク

 
産まれたての赤ちゃんは泣いている時間と寝ている時間、ミルクの時間がほとんどで、お母さんもあまり体を動かす時間がありません。しかし妊娠中に増えた体重を落とす事が気になり、気持ばかり焦ってしまっては育児にも影響します。

 

赤ちゃんの体重で負荷をかけてエクササイズ!

そこで気になったのは、赤ちゃんと一緒にエクササイズをするというもの。といっても、赤ちゃんがエクササイズをするわけではありません。赤ちゃんを抱っこひもで、おんぶしたり抱っこしたり、自分の体と赤ちゃんの体を密着させる事により、赤ちゃんに安心感を与えつつも、自分の体に赤ちゃんの体重分の負荷をかけてエクササイズに励むという、一石二鳥の方法です。もちろん、赤ちゃんの首や腰がしっかりすわってからでないと、抱っこひもでおんぶしたり、激しい動きをするのは危険なのでご注意ください。

 

エルゴベビーの登場で抱っこ紐がブレイク

昔のドラマ等を見ていると、おばあさんやお母さんが抱っこひもで赤ちゃんをおんぶしながら家事をする光景が必ずといって良いほど出てきます。そして大抵、赤ちゃんは背中で眠っています。おそらく、私たちの知らない祖先の時代から、赤ちゃんを密着させて、家事をする事は当たり前であり、そのほうが赤ちゃんも安心して寝てくれるというのは常識だったのでしょう。

しかし、いつの間にか、その光景はあまり見なくなり、実際、私の赤ちゃんの頃に写真においても、母親に抱っこひもで抱っこやおんぶをしてもらっている姿はありません。ですが、近年、ベビー界では、「エルゴベビー」という抱っこひもがブレイクし、今や街を歩けば必ずといっていいほどエルゴで赤ちゃんを抱っこしている母親を見ます。

エルゴベビーは今までの抱っこひもと違い、肩よりも腰や背中に負荷をかけて赤ちゃんを支えるので、とても楽に抱っこができます。この商品をきっかけに、赤ちゃんを抱っこひもで抱っこし、親子が密着してすごせる習慣が蘇りました。

 

エルゴベビーを活用したダイエット方法も

そして、モデル蛯原友里の双子の妹である蛯原英理がプロデュースした、エルゴベビーをフル活用したダイエット本が人気を浴び、エルゴベビーで赤ちゃんを抱っこしながらエクササイズする事が大ブームとなったのですが、自分の体に無理にならないのであれば、エルゴベビーでなくても、手元の抱っこひもで、赤ちゃんと密着しながら心身ともに良好なダイエットに励む事は、親子そろって楽しい毎日の始まりになるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.