> >

産後ダイエットをやらないと、授乳が終わった頃にさらに体重が増加してしまいます

産後ダイエット

 

妊娠して赤ちゃんを産むことは女性にとって人生最大のイベントです。

10ヶ月もの長い期間をかけてようやく生まれた我が子を抱いたときは実に感動的で幸福に包まれる瞬間といえます。

スポンサードリンク

 

 

妊娠して出産するまでに約10キロ以上も体重が増えます

それはお腹の中の赤ちゃんがすくすくと育っている証拠ですが、以前では考えられないほどの脂肪を体に蓄積して肥満した女性の体になってしまいます。

でも、これは出産するまでのことで、無事赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんの分の体重はきっちりと減ります。

ですから、体重が増えた分全部がそのまま残るといったわけではありませんが、それでもついてしまった脂肪はそのまま残っているので体型は妊娠前のようにスッキリとはいかないのです。

 

 

産後にはダイエットが必要と言われています

妊娠前の綺麗な体型に戻しておかないと、代謝が悪くなった体はどんどん脂肪を吸収してますます肥満体型になっていく恐れがあるからです。

かといって、まだ生まれたばかりの赤ちゃんのお世話があり、しかも出産した直後の弱った体でダイエットするのは、無謀というものです。

 

産後ダイエットを始める時期

ダイエットを始めるのなら、赤ちゃんの首が座って抱っこしやすくなる2ヶ月くらいの時期が調度良い頃です。

それまでにどんどん太っていくと心配する人もいますでしょうが、実は母乳を飲ませているお母さんは大丈夫です。

母乳を赤ちゃんに1日に何度も飲ませているお乳はかなりの排出量です、これを赤ちゃんにあげている間は、多くのカロリーがお乳として出ているのですからよほどドカ食いしていない限りは太ることはありません。

 

授乳が終わる時期が太りだす時期

普通に食べてさえいれば、この頃の体重は減って行きます、心配なのはお乳がいらなくなった後です、それからが太りだす時期となります。

赤ちゃんにお乳をあげている間に何の運動もしていない人は代謝が悪くなり、太る体質に変化しています。

産後太るのは、出産前に貯めた脂肪をそのままにして筋肉を作らなかった生活に原因があります。

ですから、赤ちゃんの首が座ったのをきっかけに産後ダイエットを始めていきましょう!

 

 

産後ダイエットに有効な運動

方法としては、自宅でエクササイズをしたり、ヨガやピラティスなんかも有効です。

ですが、お勧めなのはウォーキングです。

乳母車で赤ちゃんを日光浴させるためのお散歩や買い物に行くときなど、少し多めに歩きましょう。

沢山お散歩するとその分赤ちゃんも疲れて夜眠れたりするので、ウォーキングダイエットは一石二鳥なのです!

産後ウォーキングで気をつけることは、出産で開いてしまった骨盤を引き締めるために骨盤ベルト着用すること。

ウォーキングの効果は直ぐには現れてきませんが、毎日続けていけば、いつの間にかスッキリボディに戻っている、そういった感じの痩せ方です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.