> >

もったいないが命取りに!出産から6か月目以降の産後ダイエット

出産後 赤ちゃんと女性
産後6か月が最も痩せやすい時期ですが、さすがに子育て中の6か月はあっという間に終わってしまいます。
ダイエットしようと思っていても、いざやろうとすると疲れてできないし、ごはんがとても美味しいしと挫折するきっかけがいくらでも落ちています。

スポンサードリンク

 
しかし、産後6か月は痩せやすい時期でもあるのである程度出産前の体重に戻ります。
あと、3~5kgが落ちてくれなくてとても困るのです。

 

子供の食べ残しを食べることが余計なカロリー摂取に!

6か月となると赤ちゃんの離乳食が始まる時期になるのですが、まだ基本母乳かミルクの時期なので、たいして食べない子がほどんどです。
しかしこの残りをお母さんが食べてしまうという悪循環が始まるのです。
子供の残りものをお母さんが食べる。これは確実に太る要因です。
自分の分がすでに食べ終わった後に、子供の食べ残しを捨てたくないので食べる。
これは余計なカロリーを取っていることになります。

 

どうしてももったいなければ自分の元の量を減らして

この分を食べ無くなると体重が減ります。
最初から子供の分を計算し、自分のごはんの量を減らすのです。
子供と合わせて1人分としてごはんを作るようにすると、体重は確実に減ります。
先に子供にごはんをあげてからお母さんが食べるようにします。
別々に食べるとお母さんは必ず先に終わりますから、子供が食べ終わるのを見計らって食べるようにしてみてください。
「あ~もったいないこんなに残して」と言ってお母さんが食べるのだけは絶対に禁止なのです。
ダイエットしても全然痩せないと言っているお母さんは、これをやっているからです。
子供の分は少しだし、気にしなくても大丈夫などと思っていると全く痩せません。
残すのは確かにもったいないですが、ここを最初から自分の分と計算してから食べ始めるようにしてください。
最初の自分の分を減らす!これが大事です。

 

赤ちゃんと運動して筋力の維持を!

しかし、さすがに食事だけでは体重は落とせても大事な筋力も落としてしまいます。
ここは、赤ちゃんと一緒に運動をするのがとてもいい効果が生まれると思います。

子育てサロンなどで赤ちゃんと一緒にエクササイズというものをやっていると思います。
ぜひ一緒にエクササイズをしてみてください。
その際は抱っこひもなどが必要な場合があるので確認をお願いします。

赤ちゃんを抱っこしながらスクワット、高い高いをゆっくりしながら二の腕を鍛える。
かなりきついですが、赤ちゃんが喜びます。
一緒にハイハイを練習するなど、赤ちゃんと一緒にたくさん遊ぶようにエクササイズをすると、
あらゆる部位が筋肉痛を起こすのです。これは、効いている証拠ですから、できるだけ毎日やって赤ちゃんとのコミュニケーションを取る、とてもお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.