> >

みそ汁&スープを食べて痩せる!これなら続けられる満腹ダイエット

味噌汁
 
ダイエットと言えば食事制限がつきものですが、積極的に食べたい(飲みたい)ものに「みそ汁」があります。
知っていましたか? みそ汁は優れた美容食だっていうこと。
味噌に含まれる大豆レシチンは、中性脂肪を燃焼させるのを助けます。
中性脂肪とは、使わなかったエネルギーが体内に蓄えられたもの。
いわゆるメタボ腹の原因となる、お腹周りにつく脂肪です。
ほうっておくと生活習慣病を招く恐れもあります。

スポンサードリンク

 
また、大豆サポニンと食物繊維が脂肪の吸収を抑えてくれます。
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする、ということはもう有名ですよね。
肥満防止だけでなく、ホルモンバランスや美肌効果、そしてアンチエイジング効果まで期待できるみそ汁は、まさにキレイの素ということなんです。

 

冷えが改善されるとやせる?

みそ汁を飲むと体の中がポカポカしてきますよね。
実際毎日みそ汁を飲むようになって、冷え性が治った、という人は多いです。
知っていましたか? 冷え体質の人は太りやすい、ということ。
冷え性に悩む女性は多いですが、体温が低いと太りやすいカラダになってしまいます。
というのも、体温が1度下がるだけで基礎代謝量が12%もダウンしてしまうのです。

例えば30~49歳の女性の平均基礎代謝量は1170キロカロリー。
体温が1度下がると、基礎代謝量は140キロカロリー減ります。
プリン1個が150キロカロリーなので、体温が低いというだけで、何もしなくても毎日プリン1個分よけいに食べていることになります。
太りやすくなるのも当然ですよね。

筋トレで代謝を上げるのももちろん大切ですが、めんどくさいし時間もない、という人は、毎日のみそ汁を習慣にしてみてはいかがでしょうか。
食事に汁物があると水分でお腹がふくらみ、満腹感が得られます。
食べ過ぎを防ぐこともできるので、みそ汁はダイエット中だからこそ取り入れたいメニューといえます。

 

みそ汁のアレンジ集

冷え性に悩む方は、みそ汁の具として長ネギやしょうがのみじん切りを加えると、体の芯からポカポカするメニューの出来上がり。
また、みそ汁を作るのがめんどくさい、という人は、だし入りの味噌をお湯で溶くだけでOK。
具は、とろろ昆布やレタスなど柔らかいものなら煮る必要もありません。
野菜も塩もみをしてしんなりさせれば、そのままお椀に投入して食べられます。
この方法なら鍋を使わないので、1人分から作ることができますよね。

 

スープダイエットって何?

ここ数年巷で話題のスープダイエット。
あなたの周りでもやったことがある、という人がいるのではないでしょうか?

一週間毎日野菜スープを飲んで、それ以外の食べ物は限られた日にしか食べないダイエットプログラムです。
スープ一杯のカロリーが100キロカロリー未満で、炭水化物やタンパク質の摂取がほとんどないため、減量に成功したという人も多いようです。
1週間ですぐに結果が出るので、最初はつらくてもモチベーションがキープできるダイエットでしょう。

 

やせるダイエットスープの作り方

スープの作り方は簡単で、指定の野菜をきざみ、かつお節と昆布だしに、鶏がらスープの素を少々入れて煮込むだけ。
味付けはあと、天然塩のみです。
野菜は、キャベツ、セロリ、玉ねぎ、トマト、ピーマンとニンジンです。
いずれもミネラルやビタミン、抗酸化成分や体を温める効果など、ダイエットに最適の組み合わせで、ち密に計算されたメニューだとか。
味つけがシンプルなので、自分でカレー味にしたり、ポン酢を加えたりアレンジするのも簡単です。

毎日食べ続けるものなので、バリエーションがあったほうが飽きずに続けられそうですね。
スープはお腹いっぱい食べていいので、ダイエットと言えども飢えと戦う苦痛はありません。

 

スープダイエットをする前に知っておきたいこと

もともとは食事療法として開発されたこのスープ。
減量を目的としたメニューなので、体重が減るのは当然といえば当然かもしれまえん。
食事制限なので、普通の食事に戻るとまた体重が元に戻るのは覚悟したほうがいいでしょう。

また、タンパク質を摂取しなかった分筋肉が落ち、太りやすいカラダになってしまう可能性も否定できません。
要するに、プチ断食に近いものなので、諸刃の剣といったところでしょう。

理想的な体重の落とし方は、1ヶ月で約1~2kg。
1週間で体重を落とすのを目標にするのは、ちょっと無理があるようです。

 

無理のないスープダイエットの仕方

ダイエットスープそのものは、積極的に取り入れたい理想的なダイエットメニュー。
断食までいかなくても、気軽に取り入れる方法があります。
それは、夕食前に1杯飲むようにするだけ。
スープでお腹が膨らむので、夕食の食べ過ぎを防ぐことができます。
夜は体が栄養を吸収しやすくなるため、太りたくない人は、夕食の食べ過ぎは控えたいですね。
また、スープの野菜の食物繊維が、脂質の吸収を抑えてくれます。
体が温まるみそ汁&スープで、燃えやすいカラダを作りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.