> >

進化型グリーンスムージー!グリーンシェイクで置き換えダイエット

置き換えダイエット
 
レディ・ガガや優香が実践したダイエット方法として有名な「グリーンスムージーダイエット」があります。
このダイエットでの「グリーンスムージー」とは

・生の野菜・果物をミキサーで攪拌した「スムージータイプ」
・市販のダイエット食品(粉末)に水を加えてシェイクした「シェイクタイプ」

この両方を指します。

スポンサードリンク

 
もとは前者の「スムージータイプ」を指していましたが、調理や片付けの手間がかかることが難点でした。
それを補うかたちで登場した「シェイクタイプ」は、様々な野菜・果物を買う手間やコストパフォーマンスの面で優れていたので、時間に余裕のない社会人や主婦層を中心に広まりました。

 

グリーンスムージーのデメリット

新鮮な野菜・果物を食べる直前にミキサータイプのグリーンスムージーは、美容に関心が高い人や芸能人に好まれているようです。
自分の好きな野菜・果物を使って作るので、自分好みの味にしたり不足していると感じる栄養を狙ったりして自由に作ることができます。
大きなデメリットは、

・生の野菜や果物には体を冷やすことに繋がる
・調理や片付けの手間がかかる
・コストパフォーマンスが悪い

この3点があげられます。
しかし、どれも創意工夫で補うことができるものです。
具体的には、

・スムージータイプを食べる時は、白湯と一緒にゆっくりと食べる
・野菜類はまとめて切って小分けして保存しておく
・スーパーのセールを狙って食材を購入する

インターネットの口コミサイトを見ると、様々な対策や工夫で、対応している人が多いです。

 

スムージーの欠点を補うシェイクタイプ

それではダイエット食品として販売されているシェイクタイプはどうでしょうか。
こちらは、粉末と水をシェイカーに入れて振るするだけで作れるものです。
シェイカーはそのままコップの代わりにすることができるので、調理・片付けの面で非常に時短になるメリットがあります。
また、ダイエット中に不足しがちな栄養を広く補えるように栄養成分がメーカー側で調整されています。

 

シェイクタイプにもデメリットがある

スムージータイプよりも効果が高そうですが、いくつか注意点もあります。
まず、味やにおい、飲みやすさは製品ごとに大きな差があることです。
3,000円前後の商品が多いですが、実際に飲むときまで味がわからないところが不安要素です。初期投資の意味では、ミキサータイプよりも高くなります。価格対効果も個人差が大きいので、事前の情報収集が必要になります。

ビタミンやカロリーを把握するうえではシェイクタイプは便利です。しかし、それは必ずしも旬の野菜や果物が持つ自然な栄養と同質とはいえません。野菜や果物が持つ酵素や食物繊維が、含まれているとは限らないのです。この点を私は、ダイエット結果に大きな個人差がある原因ではないかと考えています。

これらのメリット・デメリットを補うべく、スムージーを作るときにシェイク用の粉末を加えている方も多いようです。このようにすると互いの不足を補えるので、グリーンスムージーダイエットで美容と健康を同時に手に入れたい女性の間で広まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.