> >

カロリー計算楽々♪カロリーメイトを使って置き換えダイエット

ダイエット成功
 
筆者が学生の時に流行したダイエットに「カロリーメイトダイエット」があります。
これは昼食を固形のカロリーメイトに置き換えるダイエット方法です。この時はカロリーメイトに新しくメイプル味が登場した頃でした。

スポンサードリンク

 

カロリーメイトダイエットのやり方

カロリーメイトダイエットには、4本入りのカロリーメイトを使います。カロリーメイトの味は現在チーズ・フルーツ・メイプル・プレーンがありますが、どれを選んでも構いません。
カロリーメイトはパー1本あたり100キロカロリーで、1袋に2本入っています。水分と一緒によく噛んで食べると、それなりに満足感があります。

1袋分(2本)を昼食の代わりにして、残りの1袋分はとっておきます。午後にお腹が空いてきたときに、おやつの代わりとして残りのカロリーメイトを食べます。これは必ず食べなきゃいけないものではありません。むしろ「おやつもカロリーメイトに置き換える」という考え方に近いと思います。
ダイエットを始めるときは、午後にお腹が空いてくることが多いです。そうなると、少しくらいならと考えてしまいがちです。
それを防ぐために、1箱2袋入りのカロリーメイトは、とても都合が良いのです。

 

カロリーメイトダイエットのメリット

まず、カロリーメイトは1箱に2本入りの袋が2袋入っています。バー1本あたり100キロカロリーで、1箱あたり400キロカロリーです。
自分が摂取したカロリー量を把握しやすいということは、カロリーを管理しやすくなります。

また、2本ずつ2袋に分けられている包装も重要なポイントです。
例えばパンやお菓子などを一度開封してしまったら、つい手が伸びて結局全部食べてしまうことはありませんか?
カロリーメイトは2本ずつ包装されているので、一度に4本全部を食べてしまうことを防げます。
それから、「まだもう1袋残っている」と思うと、心に余裕ができます。ダイエットはどうしても空腹との戦いになりますが、1袋をとっておくことで、お菓子への誘惑を我慢できます。実際にお腹が空いたらその1袋は食べても良いものなのですから、食べなければよかったという後悔がありません。

更にカロリーメイトは1箱あたり約200円なので、外食やコンビニのお弁当と比べたら遥かに経済的です。
これらがカロリーメイトダイエットの優れた点です。

 

食べ方を工夫することがダイエットに繋がる

加えて筆者は、このダイエット方法は自分の食事をコントロールする力をつけてくれると考えています。
カロリーメイト4本を昼食に置き換えますが、実際にこのダイエットを行うと「夕食までの間をカロリーメイト4本で済ます」という意識で挑むことになります。
夕食までの間、空腹を我慢しないために、どのタイミングでカロリーメイトを食べるかを自然に考えることができます。

このダイエット方法は、特に学生に好まれています。
カロリーメイトはダイエット食品ではありませんが、食べる方法を工夫することで置き換えダイエットとして取り入れることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.