> >

選び方が結果に直結?!食のタイプ別置き換えダイエット食品の選び方

ダイエット成功
 
置き換えダイエットには、様々な種類があります。ダイエット用健康食品や果物、野菜やこんにゃくなど、その種類は多岐にわたります。例えば「置き換えダイエット」というワードで検索をすると、50種類以上もの様々な「置き換えダイエット」がヒットします。

スポンサードリンク

 
ですから「置き換えダイエット」は個人個人の自分のライフスタイルや予算、食の好みから組み立てることができる非常に汎用性が高いダイエット方法と言えるでしょう。

 

根本はカロリーコントロール

その根本で共通する点に「カロリーコントロール」が挙げられます。
食生活を変更し、余分なカロリーをカットして、脂肪が燃焼しやすくなるようにすることが多くの「置き換えダイエット」に通じる本質なのです。

そして置き換えダイエットをうまく生活に取り入れるには、どのような置き換え食があるのか、きちんと調べることが大切です。

 

自分に合う置き換え食品を選ぶのが基本

例えば大食いの方は、急に食事の量を減らしたためにかえって暴飲暴食をして、ダイエットを挫折してしまうケースがあります。この場合は、こんにゃくやおから、野菜スープなど「低カロリーで、ボリュームがある食品」での置き換えが向いています。しっかりと食事を食べる満足感を感じることが、大事なポイントになります。「カサ増しダイエット」もこれに含まれます。

やや極端な食生活になっても構わない・短期間で成果を出したいという方には、酵素ドリンクが向いています。酵素ドリンクでの置き換えダイエットは近年ファスティングと共に注目を集めています。酵素ドリンクを1食に代わりにする方法は、断食よりもハードルの低く、デトックス効果も高い手段として選ばれています。

ダイエット中にどうしても甘いものが食べたくなってしまう方には、ダイエットシェイクやグリーンスムージーが人気です。これらは芸能人が実践したことで大きな話題になりました。酵素ドリンクが苦手な方や、ある程度の腹持ちの良さを求める方に人気です。

お菓子がやめられない方には、ダイエットクッキーが人気です。ダイエットクッキー自体は「他のダイエットと併用するもの」という認識が一般的です。しかし、1袋あたり何キロカロリーか計算しやすい特徴があります。シェイクやスープよりも、しっかりとしたカロリー管理を行いたい方に好まれます。カロリーメイトダイエットやポテトチップスダイエットなどもこれに含まれます。

 

継続のしやすさを第一に考えて

そもそも「置き換えダイエット」には、リバウンドしてしまうことが多いデメリットがあります。その原因は、様々な理由で「継続できなかった」というものが圧倒的に多いです。
金銭面や日常生活において自分に適した「置き換え食」を選びだすことが、置き換えダイエットを成功に導く大切な一歩だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.