> >

置き換えダイエットは授乳中でも大丈夫?産後ダイエットの心得

置き換えダイエット成功
 
出産後なかなか体型が戻らないと、焦ってしまいますよね。
授乳していたら自然にやせるよ、と周りは言うものの、妊娠前の体重にはまだほど遠い……。
そんな時、巷で話題の置き換えダイエットが気になりませんか?

スポンサードリンク

 
でも、まだ授乳中なんだけど、置き換えダイエットしても大丈夫?って疑問に思う人もいるはず。
おっぱいはお母さんが食べたものがそのまま出る、といいます。
置き換えダイエット食品を選ぶ時は、中身をチェック。
原材料は安心できるものか? まず授乳中の女性が飲んでもいいものか確認しましょう。

 

授乳中に置き換えダイエットを行うときの大原則

また、赤ちゃんがまだ離乳食を始めていない、というあなたはちょっと待って!
今は母体に栄養を貯めこみ、母乳に変えるよう体が働いています。
ダイエットしてもやせにくいだけでなく、おっぱいの量や質にも影響を与えます。
何より、非常にお腹がすくので、お母さん自体がつらくてたまらないのでは。
今は赤ちゃんを第一に考えて、ダイエットはもう少し待ったほうがいいでしょう。

赤ちゃんがごはんを食べるようになり、断乳・卒乳を意識する頃には始めても大丈夫です。
今までの食べグセを改善するためにも、置き換えダイエットは有効だと言えます。
でも、やり方を間違えるとリバウンドで逆に太ってしまうので、注意しましょう。

 

失敗しない産後置き換えダイエットのための注意点

1. 急激に痩せようとしないで!

無理のないやせ方は1ヶ月1~2kg、半年で6~10kgが目安です。
また、体重が増えたからといって太ったと早合点しないでくださいね。
運動量が増えて筋肉が増えると、体重も増えます。
体重の上下で一喜一憂しないようにしましょう。

 

2. ダイエットには運動も取り入れて

食事制限だけのダイエットを続けると、体が脂肪を蓄積しようとするので太りやすいカラダを作ってしまいます。
それを防ぐためにも、筋肉をつけて燃えやすいカラダを作ることがポイント。
消費カロリーを増やしてやせやすいカラダを目指しましょう。

 

3. 目標達成後、急に食事量を元に戻さないで!

目標通りやせたからといって、急に普段の食事に戻るとリバウンドを招いてしまいます。
少しずつ量を増やすようにしましょう。

 

4. 置き換えるなら朝か夕がベスト!

体が活発になる昼は避けて、朝食か夕食を置き換えるのがおススメ。
特に夜は、体の消化吸収が高まる時間帯。
炭水化物などの太りやすいものを夜にお腹いっぱい食べてしまうと、太ってしまうのはそのため。
満腹感がないと眠れない、という気持ちはわかります。
しかしながら、実は空腹でいるほうが安眠しやすいそうですよ。
午前中に活動量を増やす、など眠りやすい環境を工夫してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.