> >

置き換えダイエットが続かない?無理なく置き換える方法をお教えします

置き換えダイエット
置き換えダイエットという方法は、よくメディアなどにも取り上げられています。置き換えダイエットとは、1日3食の中で、1食から2食を低カロリーのダイエット食品などに置き換えることを言います。

スポンサードリンク

 
例えば、1食あたり500キロカロリーの食事ならば、1500キロカロリーになります。ここで、2食を200キロカロリーのダイエット食品などに置き換えれば、500キロカロリー+200キロカロリー+200キロカロリー=900キロカロリーまで抑えることができます。

 

置き換える食品は何が良い?

置き換える食品ならば、当然低カロリーのものとなってきます。低カロリーの食材としては、キノコ類、野菜、豆類、海藻類などがあります。これらを上手に調理して摂るのも良いですし、酵素液やオルビスというブランドから出ているプチシェイクなどもネットなどで売られているので、そちらの方で置き換えても良いでしょう。

 

ダイエットにとって栄養不足は大敵!

断食などの制限の場合、一時的に痩せることはできても、食事を元に戻せばリバウンドを引き起こしてしまうことがあります。のみならず、栄養不足による精神的不安や。エネルギー不足などで心身ともに良くない状態となります。しかし、置き換えダイエットならば、体に負担が少なく、健康的なダイエット方法ともいえるのです。

しかし、置き換えダイエットには本当には効果があるか気になるものです。ポイントとしては、置き換えするダイエット食品の質、置き換えをするタイミング、無理をしないことが挙げられます。ダイエット食品には、必要な栄養がしっかり含まれていて、食べ飽きないものが理想的です。栄養的に不十分だと、健康面での心配が出てきますし、食べ飽きるものだと、長くは続かないでしょう。

 

置き換えダイエットに効果的なタイミング

置き換えをするタイミングは、1日のうちで多く摂取していた食事の回を置き換えると良いでしょう。一般的に考えると、夕食に多く摂取する人が多いかと思われます。なので、夕食をダイエット食品に置き換えるのが効果的と言えます。しかし、いきなり夕食からの場合、置き換えるのはつらい場合もあります。初めて行うときは、食事量の少ない朝食をダイエット食品で置き換えるのも良いでしょう。気長に慣れてきて、次は昼食、さらに体が慣れてきたら、夕食に移してみるのも良いかと思われます。

無理をしないためには、1食の置き換えから始めることです。いきなり3食すべてを置き換えるのではなく、1食置き換えて体が慣れてきたら、徐々に置き換える回数を増やすのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.