> >

単品置き換えは危険!置き換えダイエット成功のコツと食品の選び方

料理
置き換えダイエットは、今や流行のダイエット方法となりました。置き換えダイエットとは、1日3食のうち1食を、ダイエット食品や低カロリーな食事を置き換えて行う方法のことを言います。

スポンサードリンク

 
人は、1日で食べたエネルギーをその日に消費することができないと、脂肪として蓄積されてしまいます。この脂肪を減らすために、運動をして脂肪を消費したり、食事の量を抑えることが必要になってきます。人が健康的であるためには、食事というものは必要不可欠になってきます。そのために、急激に食事の量を抑えたり、リンゴだけ置き換えるといった方法でダイエットを行うと、栄養バランスを崩し、健康に悪影響となるわけです。

 

効率的に置き換えダイエットを行うには?

毎日の置き換えダイエットで健康的にやせ、運動も同時に行えることが理想ですが、なかなか運動ができるような生活や環境ではない方も多いのではないかと思います。その場合、適切な量の食事で置き換えることが重要となってきます。

置き換えダイエットのタイミングは、夕食が最適でしょう。夕食後は寝るまであまり食べた物を消費する時間がかからないためです。夕食は1日の終わりにおいしいものを多く食べたいでしょうが、タイミングも考えると、最低限の食事量として摂取したいものです。

低カロリーのものでとなると、野菜類、豆類、海藻類などがダイエットに効果的と言われています。これらの食材のみをうまく調理しておきまえるとよいでしょう。リンゴやこんにゃく単体のみという方法もあります。

 

置き換えダイエット食品の選び方

また、これらの低カロリーの食材のみをうまく調理して置き換えるのが面倒ならば、ダイエット食品を置き換えダイエットに取り入れるという方法もあります。DHCのプロテインダイエットやヒルズダイエットのパステルゼリーなどがそうです。

しかし、それらの中で何を選べばよいのか。まず、1食当たりの価格が気になってきます。大きな成果が出るまで1~2か月は必要となってきます。そのことを考えると、1食当たりのコストをできるだけ抑えた方が続けやすいでしょう。

次に、味や風味が自分の口に合うかも重要でしょう。慣れてしまえば味などは気にならないものの、できるだけ長く続けるためにも、自分の口に合った美味しいものであればよいでしょう。次に、栄養バランスです。1食分を置き換えるとなると、栄養バランスも考えなければなりません。ダイエット食品は栄養バランスに優れていてカロリーも必要最低限に作られています。

これらを踏まえた上で、無理なく長期間続けていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.