> >

毒素を排出して新陳代謝もアップ♪野菜スープで置き換えダイエット

ダイエット成功
野菜は血液をサラサラにしてくれますね。体に良いとは思っていても沢山の量を生野菜で食べるのはちょっと無理という方もおられるかもしれません。

スポンサードリンク

 
今回ご紹介します置き換えダイエットの、「野菜スープダイエット」はただ単に痩せるというだけではなく、体質改善をし健康な体を目指したいという方に特におススメです。

 

体内の毒素が引き起こす不快な症状

冷え性だったり、肩こりや頭痛、腰などの関節の痛み、手足のしびれなどがある方は往々にして、血液がドロドロで淀んでいる方が多いようです。
このような不快症状の多くは体に毒素がたまり、血液が淀んでしまった結果であることが多いようですね。
本来、すんなりと便として排出されるべきものが便秘などの影響で体内にずっととどまっておられる方もおられるのではないでしょうか。
排出されるものが腸内にとどまることによって毒素がまた体内に入り込んでしまうのですからちょっと怖いですよね。

生野菜ではカサが高くて食べきれないという方も、スープにしてしまえばカサも低くなり、また暖かいスープを飲むことによって体もホカホカとして新陳代謝アップも期待できます。

 

ダイエット用野菜スープの作り方

さて、この「野菜スープダイエット」のスープの作り方はとても簡単です。

タマネギ、ピーマン、セロリ、キャベツ、トマト、にんじんなど、家にあったりスーパーで手軽に手に入るお好きな野菜を食べやすい大きさに切ってお鍋に入れます。
こんぶ、鰹節、チキンスープの素を適量入れ水をひたひたになるくらい入れて10分~15分煮込みます。食べる前にショウガをすりおろして入れて出来上がりです。

 

効能いっぱいのショウガを入れて

ショウガをいれることによって体がぽかぽかと温まります。ショウガは漢方でもショウキョウという名前で良くブレンドされているんですよ。
胃が痛いような時にもショウガはおススメです。キャベツも胃にはとても良いんですよ。夏は冷たい物の食べすぎで胃腸が弱ることが多いですよね。
台所においてあるこのような食材が薬になりますので覚えておいてくださいね。

 

おかずにも間食にも

毎日火を通しておけば冷蔵庫に入れて1週間くらいは日持ちしますので、多めに作っておくと便利ですね。
ちょっと小腹がすいてお菓子などを食べたくなってしまった時にすかさずこれを出してきて食べるようにしますと、体にも良いですしお腹もみたされて一石二鳥です。

食事の前に食べますとお腹もみたされますし、暴飲暴食をしなくて済みますよ。おかずの一品として食卓に出しても良いのでとても便利な置き換えダイエット料理です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.