> >

流行りに流されないダイエット。痩せるために本当に必要なことは食事に対する正しい知識

置き換えダイエット

 

世間では、そのトレンドにあわせたダイエットが必ずあると思います。
一時期は定番のりんごから、寒天、バナナ、納豆などの「食べるだけダイエット」が世間を賑わせ消費者の多くが買い込みに走り、スーパーマーケットから消えました。
私も実践してみようかなと、メディアに踊らされた一人でした。確かに、これらの食品には害がなく、栄養やダイエットをする上で必要な要素は含まれてると思います。でも、「食べるだけ」では一時的に落ちても、根本的なダイエットになるわけではありません。

スポンサードリンク

 

 

ダイエット失敗談をお話します

そしてわたしが一番最初に実践したダイエットはDHCのプロテインダイエットでした。いわゆる「置き換えダイエット」です。
これなら、栄養バランスも取れるし、何より一人暮らしで外食ばかりしていた私にとって簡単に取り入れやすいダイエットでは?と閃いて、取り入れてみることに。

DHCのお姉さんが笑顔で「私も実践しましたし、よかったら味見だけでもいかがですか?」と薦めてきたので、お試しにお薦めのチョコレート味を試飲してみました。ためしに5袋とシェイカーを購入。
まずDHCプロテインダイエットをするにあたって店頭でもまずは一食置き換えでお試しくださいとのことで朝・昼は普通の食事を取り、夜はプロテインダイエットのみで5日間でどれぐらい痩せれるか楽しみでした。

 

確かに体重は落ちました

ただ置き換えダイエット。
2日目に体重を量ってみると、-0.5キロ、体脂肪-1%の減量。
これならいけるか!?と思いわくわくしながら2日目の夕方に差し掛かったところ「・・・お腹すいた」とぼやき始め、しまいにはデスクの脇にしまっておいたチョコレートバーを食してしまいました。
そのまま2日目の夜、プロテインダイエットだけではお腹がすいてしまうとサラダと一緒に利用。
3~5日目の朝は体重が+マイナスになりながらもなんとか-1.5キロの減量に成功。

 

最終的にはプラス0.5キロ

しかし体重が落ちたといっても、なんだかやせた気にはなれず
2週目買うにも、結局夜は普通の食事に戻ってしまいました。
このままでは置き換えても結局おかしや間食していればリバウンドするんではないか?と疑問に感じたからです。
案の定、反動で夜お腹がすき、ついつい食べてしまった私は2キロ増量し、結局+0.5キロ増やしてしまいました。

結論:置き換えダイエットは手段の一つや栄養バランスなども考え、優れたところもあるが反面コストパフォーマンス面では(外食より安いが)合ってないと考え、こちらをメインですることは緊急時にやせたい!などにつかうことはいいかもしれません。

 

どうすれば痩せる道にたどり着ける?

DHCのプロテインダイエットを10袋買っていた私はメインから補助的なものに切り替え、インターネットやメディアなどで情報収集をすることに。
自分で何があってるか?出来ることがあるか?を見つけることから始めました。

これらの情報には、共通点が何点かありました。

1.よく噛んで食べる
2.カロリーを減らす
3.適度な運動
4.家族のサポートや周りの環境

そういえば、DHCのプロテインダイエットで失敗したのは、あくまで満腹感はその瞬間あっても、飲み物だからお腹にはたまらなかったからかも。
昔からお母さんなどに「よく噛んで食べなさい」と言われた人も少なくないはずです。
これを機会に、少しの食べ物やご飯でもよく噛んで食べる癖をつけました。
これならダイエットのきっかけとして頑張れるかな?と。

 

 

噛むことで食事もおいしくなる!

また自炊をし、噛むといい煮干やスルメなどを食べ、職場では口寂しくなれば、ガムを噛んでしのぎました。
また濃い口などを好んでいた私は、血圧高めなのもあり、塩などの調味料は最低限にし素材そのものを味わうという楽しみもできました。
またご飯も噛めば噛むほど甘味がますことも。
ダイエットという観点から離れてるんじゃん?と思いがちですが人として、食べることの有り難みを忘れていたんではないかと思い食生活を改めるきっかけにもなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.