> >

かっさマッサージでフェイスラインを引き締める!かっさプレートの正しい使い方

フェイシャルマッサージ

 

小顔は女性にとって永遠のあこがれ。
小顔整体やコルギ(骨気)なども流行っていますが、結構良いお値段がしますよね。
まずは、初期投資が少なくて済む自分で出来るマッサージで顔やせして小顔をゲットしましょう。

スポンサードリンク

 

 

おすすめは、かっさプレートを使った小顔マッサージ

かっさマッサージとは、水牛の角や天然石などで出来た「へら」を使って擦るようにマッサージすることで、溜まった毒素や老廃物を体外に排出し、新陳代謝を促すという中国の民間療法のこと。
小顔で有名な芸能人やモデルさんが実践しているとテレビや雑誌で紹介されたり、雑誌の付録に付いていたりして、人気になりました。

 

 かっさプレートで顔をマッサージすると、滞っていたリンパや血液の流れが促進され、血液内部に留まっていた毒素や老廃物が押し出されるので、フェイスラインが全体的にスッキリするし、顔の色々な部分がリフトアップされ、目鼻立ちもクッキリするので、小顔効果が高いんです。
しかも、老廃物が排出されて新陳代謝が上がるので肌もキレイになり肌ツヤがアップしますよ。

 

顔のかっさマッサージのやり方

まずは、かっさの滑りを良くし、肌への刺激や摩擦を減らすために顔全体にクリームを付けておきましょう。
そして、鎖骨と脇の下、耳周りのリンパ節をグリグリと刺激してリンパの流れを良くしておきます。

 

下準備が終わったら、早速、顔周りをマッサージします

細かくらせんを描くようなイメージで、額、頬、眉、鼻筋、口と部分別にコリをほぐして行きます。
この時、顔の内側から外側へ向かって進めていくのがポイントです。
顔全体をほぐし終わったら、今度は流していきます。
肌を引き上げるようなイメージで、額の中央からこめかみへ、顔の中央から頬を経由して耳へ、顎先から頬を経由して耳へという経路で顔のリンパを流していきます。

 

最後に、耳下から首、鎖骨をつたって、老廃物を脇の下のリンパに流したら完了です。

 

 

かっさマッサージはいつやれば良い?

かっさマッサージはいつ実施しても大丈夫ですが、顔の皮膚は繊細なので、朝晩の2回くらいに留めておきましょう。
また、ニキビなどの肌トラブルがある人、体質が弱い人などはセルフかっさマッサージが不向きとされているので注意してください。

 

かっさプレートは素材も形も色々揃います。
ローズクオーツで出来たかっさでマッサージすると恋愛運アップ、ラピスラズリで出来たかっさでマッサージすると仕事運アップするなどと言われているので、自分好みのかっさを見つけてみると小顔マッサージをもっと楽しめると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.