> >

フェイスラインは自力で改善できる?頬骨矯正・頬のたるみ対策とは


小顔になりたいと考えたときに顔全体の大きさを小さくしたいと考える方がいるのに対して出っ張ってしまった頬骨を改善したいと考える方や頬のたるんでしまった肉を改善して顔を小さくすっきりとさせたいと考える方も多いでしょう。

スポンサードリンク

 
シャープな顔立ちで骨格が小さくサイズ的には小顔であるはずなのに頬骨や頬のたるみが気になるため、小顔には見えにくくなってしまうことがあります。このようなことを避けるためにも頬骨や頬のたるみは、しっかりと日々のケアで改善をさせることをおすすめ致します。

 

自力で頬骨を改善するには根気が必要

まず頬骨の場合、整形手術などを行わない限りセルフで頬骨を改善することは、かなり時間と根気が必要なものとなります。セルフで頬骨を改善する場合は、基本的には矯正をするために毎晩頬骨を改善するための専用バンドを着用するなどの工夫が必要な他にも、頬骨付近の表情筋を和らげるためのマッサージやトレーニングを毎日行うことが必須となります。これらを繰り返すことにより結果的に頬骨が気持ち程度とはなってしまいますが少しだけへこむことになるでしょう。

 

頬のたるみ改善にマッサージを

また頬のたるみに関しては、ある程度セルフで努力を重ねて毎日ケアを行うことで改善をすることが可能となります。頬のたるみを改善するためには、頭皮のマッサージはもちろん、顔のマッサージを毎日行わなくてはなりません。頬のたるみに良いマッサージの方法は、リンパマッサージが良いとされています。リンパマッサージは、顔全体に流れているリンパを流すことにより顔全体の血行を良くし、そして顔の血行を良くすることで顔のたるみを改善する他に顔のハリ感やツヤ感を蘇らせることが可能となるのです。頬を伸ばし、気持ちよいと感じる程度の加減で何度もマッサージを繰り返すようにしましょう。

 

表情筋のトレーニングは毎日行って!

また頬骨や頬のたるみの両方を改善するのに良いといわれている表情筋を動かすトレーニングも日々行うことができるように工夫をしましょう。表情筋のトレーニングは、笑うことや泣くこと、たくさん話をすることなどで頻繁に表情筋を使い動かすことができるようになるため、そのように誰かとコミュニケーションを積極的に取ることや映画やドラマ、本や漫画などの作品を見て感情を豊かにし、表情で感情を表すことができるようにするトレーニングを行うことも良いでしょう。

固くなってしまいがちな表情筋は、普段の生活が無表情な状態が続いてしまった場合、さらに固く、頬骨や頬のたるみに悪影響を及ぼしてしまいます。このようなことを避けるためにも表情筋を日々きちんと使うことを意識して生活を続けるようにしましょう。そして頬骨や頬のたるみを改善するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.