> >

顔のむくみの原因と対策:朝鏡を見て吃驚!を避けるための方法

attractive asian woman skin care image
就寝前に号泣してしまったり、飲みすぎ食べすぎをしてしまうと、翌朝に顔が大きくむくみ腫れ上がったようになってしまうという方は多いかと思います。特に女性の場合は、顔のむくみの原因となる行動を前日の就寝前に行っていなかったのにも関わらず翌朝に顔が酷くむくんでしまうということもあるでしょう。

顔のむくみは皮膚の下の部分にある細胞の間に無駄な水分が溜まってしまうことで起こるといわれています。日中などの活動をしている時間は、特に水分が溜まってしまうことはありませんが、寝ている間のように体がほぼ水平になり激しい動きなどをしない状態の場合、体の他の部位にある無駄な水分が顔にもに移動してくるため、余計なむくみが増えてしまうのです。

また、頭皮やまぶた周辺、目の周辺部分など皮膚が薄い部位はむくみが目立ちやすいため、普段二重瞼という方でも朝の目覚めた時は、酷い奥二重になってしまうことがあります。

 

むくみの一番の原因は水分の摂り過ぎ!

顔のむくみがでやすくなる主な原因として、多く知られている代表的なものとしては、水分の取りすぎもしくは水分不足、塩分の過剰摂取、睡眠不足や食生活の偏りなどがあります。またお酒をはじめとするアルコール類を過剰に摂取すると、アルコール類による利尿作用効果を無駄にしてしまい、かえって水分を溜め込みやすい状況になってしまうため、むくみが酷く現れやすくなってしまうのです。

 

運動不足や冷えもむくみの原因に

また日ごろの運動不足や冷房などによる冷えが原因となり血行不良を起こし、むくみやすい体質になってしまうこともあります。足のむくみなどと同じように顔のむくみも長時間同じ体勢や表情でいることにより、疲労や自律神経の乱れ、血行不良を起こすことがあるため、酷くむくんでしまうこともあるのです。女性の場合は、月経前症候群などの際にも顔が酷くむくみやすくなることでしょう。

 

むくみ対策は必ずその日のうちに

このように顔がむくんでしまう理由は様々ではありますが、日ごろの生活を少し改善するだけでも、かなりむくみを改善することが可能です。顔のむくみが酷くなってしまう行動を取ってしまった日は、必ず就寝前の時間に顔のマッサージや顔のむくみを取るためのケアを行うようにしましょう。そして顔のむくみのない、すっきりとした綺麗な顔を作ることができるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.