> >

食べ物次第で顔痩せできる?!食生活で守りたいたった2つのルール

ダイエット失敗
マッサージやエクササイズをしてもなかなか顔ヤセができない、むくみがとれない……そんな人は知らず知らずのうちに小顔から遠ざかる生活を送っているのかもしれません。例えば食生活。日ごろ口にしているものについてちょっと気を配るだけで小顔に近づくことができるんです。

スポンサードリンク

 
ここで顔ヤセを目指す人に覚えておいてほしい食生活のルールをまとめてみたいと思います。

 

1. むくみを撃退して小顔になる

顔太りの大きな原因であるむくみ。顔に肉がついていると思っている方も、むくみが解消するだけで自分でもハッとするほど顔が小さく見えることがあります。本格的な顔ヤセを目指すならまずはむくみを解消しましょう。

 

むくみ解消に効果的な食材

むくみは塩分の摂りすぎによって起こります。塩分は体内で水分をため込もうとする働きがあるため、余分な水分を排出できなくなってしまうのです。塩分を排出しやすくしてくれる成分であるカリウムを含む食材を摂ることで、むくみをスムーズに改善することができます。カリウムはキュウリやスイカ、バナナ、キャベツなどに含まれています。またカリウムは豆類にも多く含まれているので、あずきやひよこ豆、緑豆などもオススメです。

顔がむくんでいると感じたら、利尿作用の高い飲み物を摂るようにしてみましょう。ウーロン茶や緑茶、コーヒー、紅茶などもOKです。カリウムが多く含まれる硬水のミネラルウォーターを飲むのもいいでしょう。また日ごろから塩分の少ない薄味の食事をすることも大切です。

 

2. 顔の筋肉を鍛えて小顔に近づく

昔と比べると、現代の日本の食事は噛む回数が少なくて済むような柔らかいものが多くなってきていると言われています。歯ごたえのある食べ物を口にすることが少なくなったことによって、顔の筋肉が衰えてフェイスラインのゆるみにつながっているとも考えられるのです。

 

顔の筋肉を鍛える効果的な食材

口寂しいなと感じた時、お菓子を口にするのではなくスルメやビーフジャーキー、煮干しなどの歯ごたえのあるものを食べるようにしましょう。にんじんやセロリをカットしたものでもOKです。よく噛んで食べるようにするとアゴや顔の筋肉を鍛えて、フェイスラインをすっきりさせることができます。

またガムを噛むのもオススメです。普段から片側の歯だけで噛んでいるという人は、意識して使わない方の歯でもガムを噛むようにしてみましょう。左右、バランスよくかむことが大切です。

 
むくみや顔の筋肉の衰えは放っておくと、どんどん蓄積されていってしまいます。特にむくみはそのままにしておくと肌がたるんでしまうこともあるので、日ごろからこまめにむくみを解消するように心がけましょう。
?

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.