> >

骨格が歪むと顔が大きくなる?!骨格の歪みをチェックして矯正する方法

顔痩せ
骨盤がゆがんでいると、ダイエットや運動をしてもなかなか効果が現れにくいと言われています。

スポンサードリンク

 
同じようにアゴや背骨、骨盤などがゆがんでいると、顔に余計な肉や脂肪がついてしまうことがあります。

 

あなたの骨格、歪んでない?早速チェック!

顔を真正面から見てみましょう。口角の高さや目の位置の高さ、眉の位置の高さが違っていたりしませんか? アゴのラインもチェックしてみてください。どちらか片方だけ肉付きがよくなっていませんか? 自分でチェックしづらい場合は写真に撮ってみたり、第三者にチェックしてもらってみましょう。左右非対称なパーツがあれば要注意。あなたの骨格はゆがんでいる可能性が大です。

 

骨格が歪む原因

骨格がゆがむ原因はいろいろあります。まず注意したいのが、姿勢の悪さ。猫背や座るときに必ず足を組む癖がある人は要注意です。ブラジャーの肩ひもがいつも片方だけ落ちてくるという人や、吐いているスカートがぐるぐる回ってしまうという人は骨盤や背骨がゆがんでいる可能性が高いと言われています。写真を撮った時、いつも左右の肩の高さが違っているという人も同様です。

頬杖をつく癖がある、立つときにいつも片足に重心をかけている、いつも同じ方の肩にバッグをかけている人も注意が必要です。試しにいつも持っている方とは反対の肩にバッグをかけてみてください。バッグがずりおちてしまったり、なんとなく違和感を覚えませんか?この場合、背骨がゆがんでいる可能性があります。

食べ物を噛むとき、いつも同じ方の歯で噛むのもよくありません。片側ばかりで噛んでいると、筋肉が発達しすぎて顔が太って見えることがあるからです。

 

骨格の歪みを矯正するには

骨格のゆがみを矯正するにはカイロプラクティックや整体で施術を受けてみることが一番の近道です。また食べ物を噛むときの噛みクセを矯正したり、噛み合わせやあごの骨格のゆがみを矯正するには歯医者さんで相談してみるのがよいでしょう。

また親しらずを抜いたところ、整形したかのように顔が小さくなった、アゴのラインがシャープになったという人もいます。顔のえらの位置にある親知らずを抜くと、骨格が縮まるため顔の肉付きもスッキリします。あごのかみ合わせが悪いと顔が太ってみえるだけではなく、肩こりや頭痛の原因にもなると言われています。

また、骨格のゆがみを防ぐには、日ごろから立つときは両足に均等に体重をかける、足を組まない、バッグは左右の肩で交互に持つなどの努力をすることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.