> >

スタイル良く見せるならまずは顔痩せ!顔が大きくなる3つの原因と対策

姿勢
女性なら誰もが憧れる、きゅっと引き締まった小さな顔。ハリウッドセレブの中には体つきはふっくらしているけれど、顔が小さいので太って見えないという人がたくさんいますよね。顔が小さいと、それだけで全体的にスリムな印象を与えることができるのです。

スポンサードリンク

 
反対にそれほど太っていなくても、顔が大きいと太っているかのような印象を与えてしまうこともあります。ここで、顔ヤセのメリットと顔が大きくなる理由について詳しく見てみましょう。

 

顔が小さいと背が高く見える?

顔が小さいとそれだけでスタイルがよく見えるのはなぜでしょうか。実はこれ、頭身の問題なのです。顔が小さい人のそばに行ってみると、思っていたより背が低かったなんて経験はありませんか?少し離れた場所から見ると、顔が小さい人は8頭身、9頭身に見えるため、背が高く感じます。

逆に実際の身長が高くても、顔が大きいと7頭身程度にしか見えず、離れたところから見ると実際より背が低く感じるのです。「あれ、思っていたより背が高いんだね」と隣に並んだ人に言われたら要注意。顔が大きく見えてしまっているのかもしれません。

 

顔が大きくなる理由

顔が大きくなる理由にはどんなものがあるでしょうか。一番多いのは脂肪がついているケース、その次がむくみ、そして年齢によるたるみなどが挙げられます。

 

1. 脂肪

全身のダイエットが必要なケースでは当然、顔にも肉がついているはずです。この場合、まずは体重を落とすことからはじめなくてはなりません。ただし、体重を急激に落とすと顔がやつれて見えたり、たるんでしまうこともあるので要注意です。

 

2. むくみ

次に多いのがむくみです。塩分の取りすぎやアルコールの摂取などによって体内に余分な水分をため込みやすくなると、顔もむくみます。顔のむくみが慢性化するとたるみにもつながると言われています。また長時間同じ姿勢をとりつづけるなど、血行が滞ることでも顔はむくむと言われています。

 

3. たるみ

そして最後がたるみです。年齢によって肌の真皮層で作られるコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力の元となる成分が作られにくくなると、脂肪を支えきれなくなって肌がたるんでいきます。特に太ったわけではないけれど、なとなくフェイスラインがぼやけて見えるようになった……と感じたら、たるみを疑ってみる必要があるかもしれません。

また顔にある筋肉、表情筋が衰えることでも顔はたるんでいきます。意識して口角をあげる、表情筋トレーニングをして筋肉を鍛えるといった努力も必要です。実際にトライしてみると、普段、動かしていなかった筋肉が刺激されるのが実感できます。

 
顔ヤセは難しいと考えがちですが、日ごろのちょっとした努力で顔ヤセ・たるみ防止は十分可能です。いつまでもスタイルよく若々しい印象を与えるためにも今日からさっそく顔ヤセトレーニングをはじめましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.