> >

フェイスラインがキュッと改善♪あごのラインのリンパマッサージの方法


 36才の私。数年前から、年齢が顔に現れるようになってきました。顔に年齢を感じる時のショックといったらありません。私が特に感じるのは、あごのライン。自分のあごのラインが気になる様になると、他の人のあごのラインも気になってしまいます。

スポンサードリンク

 
いろいろ観察をすると、若い人は、あごのラインがすっきりしているのに対して、年齢が高くなると、あごのラインがたるんでくるんです。太ったりしていたら、二重あごになってしまうことも。この事に気づいてから、2つの事を毎日、実践するようになりました。

 

2つの鏡であごのラインをチェック

 1つは、あごのラインチェック。自分の顔を鏡で見る時は、鏡の角度で、鏡には、実際に周りから見えるあごのラインを映し出していない事に気づいたので、私は、2つの鏡を使って、チェックするようにしています。2つの鏡を使って見るのは、顔の横のラインをみたいから。洗面台などの鏡があれば、後は手鏡があれば、簡単にチェックできます。つまり、正面にある鏡に、もう1つの鏡を使って、自分の顔の横を映すのです。こうしてあごのラインを見ることで、あごの辺りがふっくらしてきたら、食事制限をするなどのダイエット、そして、次に説明するマッサージの強化につながります。

 

あごのラインのマッサージ

 顔のラインをすっきるさせるためにするようになったもう1つの事は、あごのラインのマッサージ。私は、このマッサージを習慣づけるため、朝と夜に、顔に美容液を塗る時に、必ずやるようにしています。マッサージの仕方は、幾つかのマッサージを参考にした後、自分流でアレンジしました。参考にしたマッサージには、造顔マッサージなど。少しの間は、この造顔マッサージをしていたのですが、時間がかかってしまうので、続けることができませんでした。

 

大公開!あごのラインマッサージの方法

 私のマッサージは、本当にシンプルです。ポイントは、リンパを流すこと。リンパを流すと簡単に言いましたが、あごの辺りに溜まっている老廃物を首のリンパを通って、鎖骨の下にあるリンパ節に向かって押し下げるんです。どうやって流すかというと、顔につける美容液を手につけ、人差し指と親指でL字型を作り、あごから首を、右手と左手で、交互にさすっていきます。そして、右手は、左の鎖骨の下に、左手は、右の鎖骨の下に向かいます。イメージは、人差し指と親指のL字型で、あごの辺りにある老廃物を、鎖骨の下に向かって、押し下げている感じです。

 

チェック&マッサージであごのラインがスッキリ

 あごのラインのチェックとこのマッサージを始めたのは、数年前ですが、このお陰か、今では、顔のラインがすっきりしています。あごのラインが気になり始めたのが、数年前。この2つの事をやっていなかったら、今頃は、あごにたるみが目立ち、今より年を取ってみえたのかなと思います。私の様に、顔に年齢を感じる様になったら、毎日のあごのラインのチェックとマッサージをお勧めします。マッサージの仕方は、鎖骨の下にあるリンパ節に老廃物を流すことさえすれば、方法は、それぞれに決めてもらえればと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.