> >

顔をたるませる日常生活の悪習慣を断って、表情筋を鍛える3つの方法

顔痩せエクササイズ
顔痩せを実現したいのならば、鍛えるべきなのは「表情筋」です。
表情筋はその名の通り、人間の表情を動かすのに欠かせない筋肉とされています。
顔全体を覆っているこの筋肉を鍛えることで、顔をシャープにすることができるでしょう。

スポンサードリンク

 
この表情筋は、他の筋肉と同じく、使わないとどんどん錆びていいます。
「普段は無表情のことが多い」「一人で仕事や家事をしている間は、いつも同じような表情をしている」という人は、顔の筋肉がどんどん老化していっているかも。
特に、こういった行動は避けるべきでしょう。

 

顔をたるませるかも!表情筋が衰えていくNG行動

・パソコンやスマートフォンを眺めている間、無表情のままになっている
・やわらかな食べ物ばかりを選んで食べている
・口元のシワが気になるので、笑わないようにしている

 
無表情のまま過ごすのもNGですが、やわらかい食べ物ばかり選んでいると、あごの筋肉が弱まり、顔の下半分がたるんできてしまいます。
リンパの流れが悪くなり、むくみやたるみの原因にもなりかねません。
さらに、口元の皮膚がたるむと、ほうれい線ができてしまうかもしれません。

特に、顔がむくみやすい体質の方は、こういう悪条件が重なっていくと「二重あごになってしまった」「顔がまんまるになってしまった」ということにもなりかねないのです。

 

日常生活の中で、表情筋を効果的に使う方法

表情筋を鍛えるには、エクササイズが効果的です。
ですが、日常生活の中でも表情筋をできるだけ動かすようにすれば、顔のたるみやむくみを改善できるかもしれません。

 

1. 食べ物をしっかりと噛む

まず、歯ごたえのある食べ物も積極的に選びましょう。
ガムなどを噛むのもいいですが、ガムにも糖分は含まれていますから、噛みすぎるとデメリットも出てきてしまいます。
やわらかめの食べ物でも、できるだけたくさん噛むようにするのがいいでしょう。

 

2. 笑顔を作る

また、無表情で過ごしがちな人はその習慣を改めるべきです。
特に、笑顔を作ることは表情筋を鍛えるのにぴったりです。
笑う時には、できるだけ口角を意識して、唇を引き上げるようにしましょう。
そして目もただ開けているだけではなく、大きく見開く動きもしてみましょう。

たとえば口角を上げて目を見開いた状態で、数分間、同じ表情をキープしてみましょう。
すると、顔の表情筋にも適度に負荷がかかり、フェイスラインをシャープにするのに一役かってくれます。
さらに、素敵な笑顔は女性にとっての大きな武器になりますから、まさに言うことなしです。

 

3. 歌などで顔の筋肉を大きく動かす

カラオケが好きな人は、歌っている時にできるだけ顔の表情を大きく使い、楽しみながら歌うことをおすすめします。
カラオケボックスに行かなくても、家のリビングやお風呂場でも構いません。
大きな声で歌うとストレス発散にもなりますし、顔の筋肉を動かせます。
ただし、あんまり大声を出しすぎてしまうと近隣の迷惑になるかもしれませんから、それだけは注意しましょう。

 
普段の生活でも、顔の筋肉を動かすことを忘れないように努めましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.