> >

顔痩せエクササイズは1日にしてならず。今すぐ始めて継続した人にだけ結果が出る!

顔痩せエクササイズ

 

他の部分は気にならないけれど、顔の大きさが気になる人は意外と沢山います。
顔の骨格自体は整形手術をしない限り変えることはできませんが、顔の周りについたぜい肉は落とすことができます。
その中でも、簡単で、代表的なものとして顔の筋肉エクササイズがあります。

スポンサードリンク

 

 

表情筋を鍛えることで顔痩せが可能

顔の表情を作る筋肉が表情筋と言いますが、この表情筋を鍛えることで顔痩せに大きく繋がっていきます。
この表情筋はおよそ20パーセント位しか使われていないと言われています。
使う筋肉が少なければ、顔の引き締めには繋がらないため、表情筋を鍛えることで効率よく顔痩せしていきます。

表情筋を鍛えるエクササイズは、口を開けたり閉めたりすることを頻繁に行うので、顎関節症や、口の開け閉めに問題がある方は、医師と相談した上で行うようにしてください。
エクササイズ中に問題が発生した場合もすぐ止めてください。

 

発音で顔痩せダイエット

顔痩せダイエットに効果的なものとして「うー、いー」と発音しながら口を大きくすぼめたり、口角を横に広げるように行う方法があります。
ポイントとして、なるべく長く発音し続けることが大切です。目安として10秒くらい「う」の形、「い」の形をキープしてください。
唇がしびれてきてしまったらやりすぎになるので、気を付けてください。

 
この方法は表情筋を思いきり動かすので、簡単で顔痩せには抜群の効果があります。
また、「ぽー、りー、ばー、けー、つー」という発音もエクササイズの数も増え、口の形を丸めたり、横や縦に広げることが出来るので、追加で行うとより一層、良いと思います。

顎のラインを整える方法として、舌をできる限り前に出し、舌を上向きにし、顔を上に向けます。そのまま10秒キープします。
こちらは首周りのストレッチも兼ねて行えますが、無理にやりすぎないように気を付けてください。

 

 

二重アゴ撃退!舌で行うエクササイズ

同じような方法で、舌を前に出し、5秒その状態をキープします。
次に舌を出したまま、上、下、右、左と同じように1方向につき、5秒状態をキープします。
これは顎周りの筋肉を鍛えるエクササイズになります。
顎周りのたるんだ部分の引き締めや、二重顎の解消にも繋がる方法です。

 
これらの顔痩せダイエットは1日5回を2セット目安に行ってください。2セット行うので、朝と夜に分けて行う方が効果的です。

 
顔痩せダイエットは繊細な部分のダイエットになります。
例えば、顎の調子がおかしいなどの症状が出た場合においては休む、又は中止する、医師に相談するなどの対応をしてください。
やりすぎた代償は大きく出てくるため、回数や時間は目安として、ご自身の体と相談しながら行ってください。

 
すぐに効果が出るものではありませんが、このエクササイズを続けることにより、顎のライン、頬のラインは変わっていくと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.