> >

顔痩せにはフェイスラインの引き締めが必須!顔のたるみを改善する方法

血液型ダイエット
「体重は落ちるのに、顔の大きさが小さくならない」
「だらしない顔のイメージ」
という方は、顔がたるんでしまっている可能性もあります。

スポンサードリンク

 
今回は、たるみ顔を改善し、顔痩せするための方法をご紹介します。

 

顔にたるみができるのはなぜ?

そもそも「何故、顔がたるむの?」と疑問に思われる方も多いかもしれません。たるみは、肌の弾力が失われてしまうことが最大の原因になります。肌は紫外線の影響や年齢により、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌のハリをつくる物質が減ってしまいます。その結果、皮膚の弾力がなくなり、皮膚にくっついている脂肪もたるんでしまうのです。
そのため鏡で見てみると、タルミがきになる部分は、脂肪がつきやすい、瞼や頬などではないでしょうか?

 

筋肉の衰えでも顔はたるむ

コラーゲンなどが失われることだけでなく、加齢に伴い、顔の筋肉が衰えてしまい顔がたるむこともあります。今回は、たるみやすい顔の筋肉をご紹介します。

 

まぶたの上の部分

目を開けたり閉じたりするために筋肉が存在しますが、この筋肉が衰えてしまうことにより、まぶたが腫れぼったくなってしまいます。寝不足などによっても一時的に瞼が腫れることもあります。

 

空気を吸い込むと気や食事をする時に使う筋肉があります。この筋肉が衰えてしまうと、下ぶくれのようになってしまいます。

 

上唇の上の部分

唇をあげたり、笑顔を作ったりする時に使う筋肉が存在します。この筋肉がたるんでしまうと、老け顔になってしまうので、注意が必要です。

 

表情ストレッチやマッサージがで顔の筋肉を鍛える

顔のたるみを予防するためには、表情ストレッチが大切です。
朝、顔を洗った時などに目をキョロキョロと左右に動かしてみたり、大きく目を見開いてみましょう。又、頬や口元の筋肉を意識して、頬を膨らませたり、様々な表情を作り、顔の筋肉を鍛えてあげましょう。
又、フェイスマッサージやリンパドレナージュ、アロママッサージなどを普段のスキンケアに取り入れることで、表情筋の衰えを予防することもできます。

 

コンドロイチンで体の中から顔のたるみを改善

マッサージ以外の予防方法として、普段の食事を工夫する方法もあります。紫外線や加齢に伴い失われてしまうコラーゲンを作るためのビタミンCを積極的に取り入れましょう。又、コラーゲンに栄養分を与える働きがあるといわれるコンドロイチンもオススメです。コンドロイチンは、納豆、オクラ、フカヒレなどの食材に豊富に含まれているといわれていますので、意識して食べるようにしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.