> > >

痩身エステ京都「スタジオきゃらん」体験談。リンパインピーダンスの効果で汗びっしょり

スタジオきゃらん 京都

 

「エステに通っている」というと、ぜいたくなように聞こえるかもしれません。
しかし、私にとってエステに行く事は決してぜいたくではないと思っています。

スポンサードリンク

 

 

エステサロンに行くようになったきっかけ

人によってお金の価値観は人それぞれですし、私は仕事に行くたびに外食で昼食を済ませるよりは、お弁当を作っていったほうが安く済むのでそうしています。
私からすると、毎日新聞を買う事や昼食を外で食べることや、たばこやお酒のほうがぜいたくなように感じます。
私がエステに行き始めたのは大学生のころ、ちょうどお肌の第一次折り返し地点に差し掛かった時でした。
ちょうどお友達のお姉さんがエステサロンを開業したというので通い始めたのがきっかけです。
その後しばらく通った後に、そのサロンは寿閉店となり、それ以来、私はあちこちのサロンを転々として、今のエステサロンに落ち着きました。

 

 

今通っているエステサロンについて

今のサロンは京都市内の「スタジオきゃらん」という小さなエステサロンです。
スタジオきゃらん 京都

スタジオきゃらん 京都

 
オーナーのご自宅の一階部分にある部屋をサロンとして使っているつくりになっています。
スタッフも数名のみで、とてもアットホームです。
完全予約制なのですが、時間の変更などの融通は利きます。
痩身エステコースはお友達の紹介価格と言う事で、10回で35000円(別途消費税がかかります)とお得な値段設定にしていただいています。

 

 

エステの様子

お店に到着すると、まず温かいお茶と冷たいお茶、どちらがいいか聞かれます。
これがありがたい。

 

冬でも自転車をこいで急いで来た時は、冷たいお茶のほうが飲みたかったりしますので。
そしてお茶をいただいている間、エステティシャンも一緒にお茶を向かい合って飲み、世間話などをしてほっこりくつろぎます。
その間に「最近飲み会が多くて体重がまた増えた。」ですとか、「来月は同窓会旅行で海に行くし、何としても水着を着られるようになるまでウエストをしぼりたい。」などという自分の生活状況を報告したりもしているので、単なる世間話の中からカウンセリングの材料を拾い出してもらっている感じです。

 

施術の前に裸で体重計に乗ります

スタジオきゃらん 京都

 
そしてお茶を飲み終わったら、いよいよ施術タイムです。
まずは、全部服を脱いで体重を量ります。
素っ裸で体重計にのっている間、エステティシャンは部屋の外で待機しているので恥ずかしくありません。
尤も、施術してもらう前後もいっぱいおしゃべりしていてお友達のような感覚なので、私の場合は見られても恥ずかしくないのですが・・・。
そして、量った体重を扉の外のエステティシャンに告げて、自分はスタンバイします。

 

不織布という、使い捨てマスクのような素材でできたパンツがその場に用意されているので、それを毎回使い捨てします。
そのパンツを履いてバスタオルを胴に巻きつけたらエステティシャンを呼んで、今度は体脂肪や体型などを計測します。
ヤンマー製のリンパインピーダンスという機械で計測すると、体脂肪率だけでなく、基礎代謝が何キロカロリーあるのかも分かりますし、体型のタイプが分かります。
体重も体脂肪率も一番低いのが3-3タイプで、一番体重と体脂肪率が高いのが7-7タイプです。
スタジオきゃらん 京都

 

エステを継続したことで体型のタイプが変わりました

私はこのエステを初めてした時には7-0タイプでした。
体重も体脂肪率も身長の割には限りなく悪いということです。
しかし、継続していくことで今では8-0タイプになりました。
体重が落ちたのですが体脂肪率がなかなか変わらないので座標の右端からなかなか移動できません。
体脂肪率を下げて5-8タイプくらいになるのが、当面の目標です。

 

 

目的によってプログラムを変えてもらえます

さて、計測が終わると、この計測機がベッドの上の銀色の板と連動していて、その人のタイプによって電流の流し方を変えてくれます。
「体型別やせるプログラム」といって、筋肉をつけて体脂肪率を落とした方がいい人と、体重を落とした方がいい人とでは、強弱のリズムなどが違うようです。

 
スタジオきゃらん 京都

 
プログラムが始まると、銭湯で電気風呂に入ったようなビリビリとした感じが体の背面からきます。
最初はピリピリくらいで、痛いというより違和感なのですが、15分ほど経過したあたりで、大きな刺激になってきます。
背中や腰やおしりはどれだけ強くても痛くないのですが、ふくらはぎの辺りだけは、とても痛くて、筋肉痛になっている時に全力疾走しているような、筋肉が奥からつかまれている感覚です。
リンパインピーダンスという機械は、筋肉のなかでも速筋ではなくて奥深くにある遅筋にとどく刺激を与えるものなのだそうで、それによって、ウエストや背中周りなど、電極を当てている所の部位が引き締まってくるそうです。

 

 

マシンプログラムが終わると汗がすごい!

リンパインピーダンスのプログラムが終わると、もう汗がびっしょりです。
そのままバスタオルを巻いて、シャワールームへ直行し、汗を流します。
汗を洗い流した後で体重計にのると、施術前の0.2~0.3kgは減っているので、それだけの汗を流したのだと思います。

 

それと、施術前に行っていたのに毎回施術直後にトイレに行きたくなるので、老廃物がリンパを通って排出される利尿効果もあるのかなと思います。
施術後もドリンクを選んでティータイム。
私はいつもハーブティを出していただきます。
ゆっくりとお茶を楽しみながら次回の予約を入れて終了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.