> >

ヒートマットや遠赤外線ドームで身体を温める理由。エステサロンの考え抜かれた温め効果

エステサロン

 

自己流ダイエットをしているけれどなかなか痩せない、10キロ以上の減量が必要でどんなダイエットをしていいのか分からない…。
そんな方も効率的に痩せることができるのが痩身エステサロン。
大手のサロンから地域に密着したサロンまでいろいろなサロンがありますが、施術内容を見てみるとどこも共通しているのが『体を温める』ということです。
ここで痩身エステで体を温める理由について考えてみましょう。

スポンサードリンク

 

 

女性が太る大きな原因のひとつが冷え

体が冷えて血流が悪くなると体の外に排出されるべき老廃物が体の中に留まってしまいます。
例えば、足のむくみ。
デスクワークなどでずっと同じ姿勢をしていると血流が悪くなり、足がむくみますよね。
このむくみを放っておくと、脂肪細胞が固まってやがてがっちりとした硬いセルライトになってしまうのです。

 

太ももや二の腕など、脂肪が気になる部分に手で触れてみてください

いかがですか?
きっとひんやりしているでしょう。
このように冷えているパーツには脂肪がつきやすいのです。痩せたいならまず体を温めて代謝をアップさせること。
これはダイエットの鉄則と言ってもいいでしょう。どこの痩身サロンの施術でもまず、体を芯まで温めるところから始まるのにはこうした理由があるのです。

 

 

痩身サロンではどんな風に体を温めるのでしょうか

一番多いのは首まですっぽりと包み込む、ヒートマットです。砂風呂に入っているような感覚で体をじんわりと温めてくれます。汗をたっぷりかくことができるだけではなく、あまりの心地良さにうとうとしてしまう人もいるのだとか。

 
カイロプラクティックなどでも使用される遠赤外線ドームを使って体を温めているサロンもあります。
遠赤外線は汗腺だけではなく、皮脂腺からも汗をかくため、通常の運動や入浴でかく汗では排出できない有害物質も排出してくれます。

 
また皮下脂肪やコレステロールなども老廃物として排出してくれる効果が期待できると言われているようです。さらに遠赤外線ドームに入るだけでもカロリーを消費するため、小さなサロンではリラックス効果もかねて、この遠赤外線ドームに数十分入るだけというコースを設けているところもあるようです。

 
またサロンによっては施術前にサウナに入ってしっかりと体を温めてからエステティシャンの熟練したハンドマッサージでじっくりと脂肪をほぐしていくという施術を行うところもあります。

 

 
このように痩せるためにはまず、体を温めることが大切なのです。セルフケアの場合でもマッサージをする前にお風呂で温まっておく、血行をよくするために有酸素運動やストレッチをするといった体を温めるケアを是非、取り入れてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: エステサロン

Comments are closed.