> >

「脂肪を筋肉に変える」は可能?筋肉を落とさず脂肪だけ燃焼させる方法

ダイエット成功
 
ブヨブヨの脂肪、エクササイズで筋肉に変えて、引き締まったボディにする!!
プヨプヨのお腹やお尻、キュッとしぼって、スキニージーンズが似合うようになりたいですよね。
でも、脂肪は鍛えると本当に筋肉に変わるのでしょうか?

スポンサードリンク

 
エクササイズで脂肪を筋肉に変えよう!とダイエット本などでもよく見ますが、答えはNO。
脂肪はもともと脂質で、筋肉はタンパク質でできています。
脂肪細胞がエクササイズなどで化学反応を起こし、筋肉細胞になる……というのはありえません。
ダイエットして脂肪を落とし、エクササイズで脂肪をつける。
脂肪が筋肉に置き換わる、といったほうが正しく、脂肪そのものが筋肉に変わる、というのは間違いです。

 

やせている人は筋肉がつきにくい、はウソ?

筋肉は脂肪が鍛えられてできるわけではありません。
脂肪も筋肉も全く別の物。
「やせていると、筋肉の元になる脂肪がないので、筋肉もつかないのでは?」
という声もありますが、それは間違いです。
やせている人でも、鍛えると筋肉をつけることができます。
ただし、筋肉だけをつけるというのは至難の業。
筋肉の元となるタンパク質を積極的に摂る、など食事面から見直す必要があります。

 

太ってから鍛えるとムキムキのマッチョになれる?

マッチョな体にあこがれる男性陥りがちな考えですが、そんな思い通りにいきません。
脂肪をつけても、それが筋肉になるわけではありませんよね。
筋肉を増やすなら、筋肉を増やす食事やトレーニングが必須です。

 

脂肪を落として筋肉をつける本当の方法とは

筋肉だけをつけるというのは困難、とさきほどもご紹介しました。
プヨプヨの体を、アスリートのように引き締まったカラダに!というのは難しいんです。
しかし、順番を間違えなければ不可能ではありません。

まず押さえておきたいのが

「脂肪を減らす」→「筋肉をつける」

という順番です。
両方を同時にしようとすると、結局どちらも失敗してしまいます。

 

私って肥満?体脂肪をチェックしよう

あなたの体脂肪はどれぐらいですか?
体脂肪は体組成計で簡単に図ることができます。
体脂肪率が20~25%以内なら標準体型です。
ちなみに体脂肪というのは少なすぎてもダメなんです。
女性の場合、21.7~23%以下になると生理不順などのトラブルが出ることもあるので注意してください。

 

筋肉を落とさずに脂肪だけを落とす方法とは?

ダイエットのキホンは摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにすること。
そこで食事制限だけに偏ってしまうと、代謝が落ちやせにくくなってしまいます。
運動をせずに摂取カロリーを制限していると、筋肉がエネルギーとして使われていきます。
筋肉は脂肪より落ちやすいんです。

筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすためには、筋トレは欠かせません。
これは筋肉を増やすためではなく、筋肉を維持するためです。
知っていましたか? 脂肪を落とすと、筋肉がつきやすいカラダになるんです。
脂肪が減ると、筋肉がつきやすくなるホルモンが増えます。
筋肉を増やしたい!と思ったら、まずは脂肪を落とす。
実はこれこそが、引き締まったボディへの近道なんですよ。

 

脂肪が落ちたら次にすることは?

脂肪が落ちたら、食事に気をつけて本格的に筋トレを始めます。
食事は良質のタンパク質を中心に。
炭水化物は、夕食などはむしろ省いてしまってもOKです。
ここで無理してカロリーを制限してしまうと、筋肉はつきません。
また、無理してウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う必要もありません。

成功するダイエットの黄金比は、

「食事 7:筋トレ 2:有酸素運動 1」

です。食事をしっかりとらないと、ダイエットの効果も半減してしまいます。
有酸素運動より筋トレを優先して、両方行う時も、筋トレを先に行いましょう。

 

筋トレを行う前に知っておきたいキホン

筋トレを行うポイントは、2、3日おきにする、ということ。
筋トレを行うと筋肉が損傷を起こします。
これが筋肉痛の原因にもなるわけですが、筋肉は損傷を受けるとさらに増加します。
効率的に筋肉を増やすために、筋肉を休める日を設けることが大切というわけなんです。
昨日腕立て伏せをしたから、今日はスクワット、という具合に、他の部位を休めながら毎日メニューを変えると効率的に筋肉をつけることができます。

また、筋肉は意識するとさらに使われるようになります。
頭の中で、「今ここを鍛えてる!」と意識することがポイントですよ。

 

自宅で簡単にできるおすすめの筋トレ

スクワット

(1)両手を前に出します。脚は腰幅に開きます。

(2)ゆっくり腰を下ろしていきます。

(3)太ももが床と並行になったら、その姿勢で3秒ほどキープします。

(4)ゆっくり元の体勢に戻ります。

10~15回を1セット、1日3回を目安に行います。

 

腕立て伏せ

腕立て伏せを正しいフォームでできている人は少ないようです。
がんばっているのに全然意味がなかった……ということがないように、腕立て伏せのポイントを押さえておきましょう。

 

●体は反らないように、首から脚まで一直線になるようにします。
●視線は心持前方を見ます。
●肘は直角、腕は床と並行になるようにします。
●肩は30°~60°ぐらい開きます。
●手は指先を前にまっすぐ置きます(内側に向けない)。

 
胸が床につきそうになるまで下します。10回を1セットとして3セットを目安に行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.