> >

実践!お腹エクササイズ■ポッコリお腹を解消してジーンズを着こなす

ウエスト痩せ
 
ペッタンコのお腹はセクシーで、男性のあこがれの的です。
ジーンズを穿いても、モデルさんのように格好良く決まります。
お腹周りがやせると、何でも似合って着る服を選びません。
お腹は体の中でも太りやすいパーツのひとつ。

スポンサードリンク

 

女性のぽっこりお腹の犯人とは?

特に女性にとってはお腹太りは深刻な問題です。
女性は加齢とともにお腹周りにお肉がつきやすくなります。
いわゆるおばさん太りの象徴である、三段腹や樽腹になる危険性を常にはらんでいる、というわけなんです。

おばさん太りの犯人は、女性ホルモンなんです。
女性は年齢と共に女性ホルモンの量も減少していきます。
女性ホルモンには内臓脂肪をつけにくくする働きがあるのですが、その女性ホルモンが減少するとどんどん脂肪はお腹に集まってくるようになります。
ほうっておくと、女性はおばさん太りになる可能性が非常に高いというわけなんです。

脂肪の中でもお腹につく内臓脂肪は、生活習慣病を引き起こす原因。
美容上だけでなく健康上にもよくないんですよ。
今すぐにも落としたい脂肪です。

また、年をとると自然に筋量も減っていきます。
お腹周りの筋肉もゆるみ、今まで支えられていた内臓が下に下がって来てポッコリお腹の原因になります。
軽いエクササイズや筋トレをすることで、筋肉を維持したり増やすことができます。
筋量が増えると基礎代謝も上がって、やせやすいカラダになれますよ。

 

お腹はやせやすいって本当?

お腹は太りやすい部位ですが、同時にやせやすい部位でもあります。
その理由は、お腹の脂肪、内臓脂肪は一時的に貯蔵されている脂肪だから。
食べ過ぎて消費しきれなかったエネルギーは、一時的に内臓周りに蓄えられます。
これが内臓脂肪。
運動量を増やすと、お腹の脂肪もどんどん使われ減っていくはずです。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で、どんどん燃やしちゃいましょう。

 

お腹をすっきりさせるエクササイズ

ドローイン

エクササイズというより呼吸法に近いものです。
場所をとらないので、テレビを見ながら、信号待ちの時などいつでも思いついた時に実践しましょう。

(1) 背筋をのばして、鼻からゆっくり息を吸います。お腹も同時に凹ませていきます。

(2) これ以上凹まない所まできたら、そのまま停止します。

(3) 15秒間その状態で、浅く長い呼吸を繰り返します。
※慣れてきたら30秒に伸ばします。

(4) お腹を元に戻します。

寝ながらでもOK。その時は膝を立てると楽ですよ。
呼吸法を変えると体の脂肪が燃えやすくなり、ダイエットにとても効果的ですよ。

 

スクワット

知っていましたか? 腹筋でお腹はペッタンコにならないんです。
腹筋は筋トレの定番ですが、意外とちゃんとするには高度なテクニックが必要。
多くの人が正しいフォームでできていなくて、はずみで起き上がってしまうのがほとんど。
苦しいわりには、あまり効果がないエクササイズです。

実は、エクササイズでぜひ取り入れたいのがスクワットです。
効率的なお腹やせなら、スクワット。スクワット15回で、なんと腹筋500回に相当するそう。
正しいスクワットのフォームを覚えて、ぜひ実践してみましょう。

 
【正しいスクワットの方法】

(1) 両足を肩幅に開きます。つま先は外側に少し開きます。

(2) 両腕を前にまっすぐのばします。目線もまっすぐ前をみます。

(3) ひざとつま先が同じ向きになるように、ひざを曲げて行きます。

(4) ひざが床と並行になった辺りで1秒静止します。

(5) ゆっくり(2)の姿勢に戻ります。

(1)~(5)を10回繰り返します。

※ひざがつま先より前に出ないように注意します。
※弾みをつけずに、ゆっくり動くと効果的です。

 

ペットボトルを使ったお腹エクササイズ

用意するもの:ペットボトル(空のもの)

(1) 軽くひざを曲げて床に座ります。腕を伸ばしペットボトルを胸の前で持ちます。

(2) (1)の体勢で後ろに体重をかけます。転がりそうになる寸前で静止します。
1petbottle_1

※ひざは閉じます。

 
【くびれにきく左右ひねり】

(1) 上半身だけ右側にひねり、ペットボトルも右後ろに持って行きます。

(2) 今度は上半身を反対側にひねります。ペットボトルも左後ろに移動します。
1petbottle_2

(1)~(2)をリズミカルに往復10回行います。慣れてきたら数を増やします。

 

トウタップ

トウは英語でつま先のこと。
タップはスマホ用語でもおなじみの、叩く、といった意味です。
文字通り、つま先を使って床を叩くイメージ。お腹のお肉に働くエクササイズです。

(1) 仰向けに寝て、腕は軽く広げて手のひらを下にします。
足はひざを曲げて足の付け根(股関節)から浮かせます(ひざと足のつけねが90度になるように)。
1toe_tap_1

足の甲は軽くのばし、つま先は自然な状態。両足は腰幅に開きます。

(2) 左足の股関節とつま先を床に近づけます。上半身が動かないように固定させます。腰は反らないように注意します。
1toe_tap_2

(3) 右足も同様に行います。

(4) 左右交互に、(1)~(3)を5、6回繰り返します。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.