> >

子育てしながらエクササイズ!筋トレ&有酸素運動のアイデア集

出産後 赤ちゃんと女性
 
女性は人生の中で何度か「太りやすいタイミング」というの体験します。
女性の太りやすいタイミングのうち、一番はやはり「妊娠・出産」を経験する時期でしょう。
妊娠中増えた体重が戻らない、という女性は少なくありませんよね。

スポンサードリンク

 
また、子育てに追われ自分の体のメンテナンスどころじゃない、というのが実情でしょう。
子供がいると一人きりになれる時間なんてありませんし、子供がいるとエクササイズも難しいですよね。

 

子供を産んでも体型が変わらないセレブの秘密とは?

でも、有名人やセレブの中には子供を産んでも全く変わらない人が多いですよね。

「一体どんな特別なことしてるの?」
「有名人は一般人とちがう」

と思ってしまいます。
しかしながら、彼女たちも子育てをしつつ、自分の体を調整する努力をしているようです。

離婚後劇太りしてゴシップ誌を賑わせたクリスティーナ・アギレラは、見事産前のスリムな体を取り戻しました。
本人曰く、ダイエットや筋トレなどは特にしていなかったとのこと。
食事の改善と、愛息子の相手で毎日走り回って遊んでいたのが減量につながったとか。
子供のエネルギーはすさまじく、本気で一緒に遊ぶといいエクササイズになりますよね。

また、あるハリウッドセレブの場合は、毎晩赤ちゃんを寝かしつけるときは、抱っこしながらランジという屈伸運動をしていたそうです。
赤ちゃんも抱っこされて喜び、本人もシェイプアップにもなり一石二鳥ですね。
ランジやスクワットなど下半身を動かすものは、太ももなど大きな筋肉を使うため、脂肪の燃焼がスピーディに行われます。
効率的に代謝をあげられるというわけなんです。

 

赤ちゃんと一緒にエクササイズ

産後ダイエットが気になる方は、普段の子育てにエクササイズを取り入れてみましょう。
赤ちゃんの体重は5~10キロにもなるので、抱っこして動くだけでもいい筋トレになります。
赤ちゃんとお母さんのいいスキンシップにもなるので、メンタルにもいい影響を与えるでしょう。
エクササイズだからとがんばらなくても、普段の子育てに動きを加えるだけで十分です。

 

いないいないばあ腹筋

三角座りをして赤ちゃんを自分の太ももと胸の間に座らせます。
倒れたり転げ落ちたりしないよう、しっかり両手で赤ちゃんを支えます。
そのまま上半身を後ろに倒し、起き上がって腹筋運動をします。
「いない、いない、ばあ!!」と声を出しながら行うと、効果的。
お母さんの顔が隠れた、と思ったら出てきて赤ちゃんも大喜びです。

 

赤ちゃんのせブリッジ

産後緩んでしまった骨盤を整える効果もある運動です。

 
(1) いないいないばあ腹筋と同じ要領で仰向けの状態で寝て、お腹に赤ちゃんを乗せます。

(2) 赤ちゃんが落ちないように支えながら、そのまま腰を上げ下げして、背筋を鍛えます。

 
重い赤ちゃんを乗せて腰に力を入れるので、ギックリ腰にならないよう慎重に行いましょう。
育児中は腰に負担がかかり、腰痛を患う方もいます。
背筋を鍛えることは腰痛防止にも役立ちますよ。

 

ベビーカーでジョギング

日本ではあまりポピュラーではないものの、フィットネス志向の高い海外では一般的なジョギング用ベビーカー。
赤ちゃん連れのパワーウォーキングやジョギングは、海外ではもはや当たり前なんです。
ジョギング用のストローラー(ベビーカー)もネット通販などで入手可能です。
普通のタイプより若干割高ですが、その分装備もハイブリッド。
タイヤが自転車と同じ空気タイヤで、振動や衝撃に強かったり、ハンドルブレーキがあるものがあったり、安全性の高い構造になっています。
まさに「走るため」のベビーカーといったところ。

減量には有酸素運動が必須ですが、子供がいるとウォーキングやジョギングに行けない……とあきらめていた方も多いのではないでしょうか。
中断していた女子ランに、また、産後ダイエットも兼ねて、赤ちゃんを押してベビランを始めてみませんか?

 

公園をトレーニング・ジムにしちゃおう!

子供が少し大きくなったら、活動範囲も広くなり一緒に体を動かすこともできますね。
子供と一緒に外で遊んで、カロリーを消費しましょう。
おにごっこなどもシンプルですが、いいエクササイズになります。

おすすめのスポーツはバトミントンです。
バトミントンのカロリー消費は、わずか10分で73キロカロリーにもなります。
20分も続ければ、おにぎり1個分のカロリーが燃やせる計算。案外激しいスポーツなんですね。
瞬発力を求める運動は無酸素運動になり、あまり脂肪は燃焼されません。
でも、筋量が増えると代謝が上がり、何もしなくてもカラダが脂肪を燃やしてくれるようになります。
楽しく会話しながら、ゆるく行うバトミントンは、有酸素運動になりダイエットにピッタリ。
二の腕や太ももの筋肉を使うので、部分やせに効き、シェイプアップにもなります。

他にも、鉄棒やうんていなどの遊具で、けんすいや腕立て伏せなどの筋トレができますよ。
公園をジム代わりに活用して、お金をかけずに筋力アップしちゃいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.