> >

体幹を鍛えてダイエット!バランスボール、クッションの効果とは?

バランスボール
 
数あるダイエット系の器具の中でも人気が高いのが、バランス系のダイエット器具です。最も有名なのはバランスボールですが、その人気から、バランスボードや骨盤クッションなど様々な商品が発売されています。
「座っているだけで痩せる」というイメージが強いバランス系のダイエット器具は、女性でも取り入れやすく、低負荷で効果を得る事ができるのが人気の理由です。

スポンサードリンク

 

バランス系器具で体が引き締まる理由

人のカラダは、常に重力に抵抗しながら、バランスを取り姿勢を保って立ったり座ったりしています。姿勢を保つために常に筋肉を使っているのです。その時使っている筋肉のことを、総称して「抗重力筋」といいます。

抗重力筋は、主に体幹部、お尻、脚にあってカラダを支えているのですが、抗重力筋も鍛えなくては弱くなっていきます。
バランス系の器具は座ることで不安定な環境を作り、姿勢を保つ事を難しくすることにより、抗重力筋の働きを強くします。そのため、座っているだけで筋肉を使う事ができ、筋肉を引き締める事ができるのです。

みなさんご存知のバランスボールは、もともとアスリートがリハビリやトレーニングで使っていたものですが、それが一般の方々にも広まりました。実際に持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

バランスボールのメリット

バランスボールのメリットは、日常生活に取り入れやすいことです。
実際にヨーロッパのある小学校などでは、椅子の代わりにバランスボールを使っているところがあります。仕事の椅子をバランスボールにしている会社も多いようです。バランスボールにすると、机に突っ伏すなど、だらけた姿勢をしてしまうと転倒してしまうため、常に意識してよい姿勢を保つようになり、正しい姿勢を身につけ、健康維持に役立つのです。

このように、椅子の代わりにバランスボールを利用したり、椅子の上にバランスクッションをひいたりするだけで筋肉を刺激することができるので、日常生活に取り入れることをおススメします。さらに、バランスボールに座りながら意識してゆれたり、重心をずらしたりするだけでも、ダイエット効果が高まります。

 

インナーマッスルが無理なく鍛えられるバランス系器具

通常の筋力トレーニングでは、主にカラダの表層にあるアウターマッスルという大きな筋肉をメインに鍛えます。
筋肉はアウターマッスルだけでなく、カラダの深層に姿勢を保ち関節を安定させるために働くインナーマッスルがあります。普通の筋力トレーニングではインナーマッスルを意識して鍛える事が難しく、筋力トレーニングをしている人でもカラダの筋肉のバランスが崩れることがあります。インナーマッスルとアウターマッスルのバランスが崩れると、カラダのゆがみや動作不良の原因となります。

バランス系の器具を使ってトレーニングをすると、アウターマッスルとインナーマッスルを同時に強化することができ、バランスのとれたカラダ作りをする事ができるのです。

インナーマッスルは、カラダの深層にあるため、鍛えてもムキムキになったりすることがなく、カラダを奥から引き締めることができるので、スタイルを良く見せることができます。また、カラダのバランスが良くなるため、肩こりや腰痛の改善、O脚やX脚の改善、冷え症、猫背など、様々な不調や姿勢の改善に役立ちます。

 

バランス系器具で継続的に効果を出すには?

特に、効果が出やすいのは、運動経験が少ない人です。
運動初心者は、少しの刺激でも効果が出やすいので、バランス系の器具を日常生活に取り入れるだけで、すぐに、足を上げたり転がったりできるようになり、だんだんと筋肉の引き締まった感じを実感できるようになってきます。
しかし、長く利用すると、カラダが刺激に慣れてきます。最初のうちは日常生活に取り入れるだけで効果を感じることができても、同じことの継続だけでは、効果を得にくくなってくるのです。

もともと運動経験が豊富な人は、バランス系の器具に座るだけでは、なかなかダイエットの効果を実感することは難しい場合が多いです。

 

効果を上げるために他の運動と組み合わせて

その場合には、運動強度を上げる必要があります。
ただ座っているだけでなく、ボールやクッションにお尻を乗せた状態で腹筋運動をするなど、トレーニングに取り入れるのが効果的な利用方法です。
腕立て伏せでもスクワットでもトレーニングであれば何でも効果的です。使い方は、支持している手や足にボールやクッションを用いて不安定にするだけです。それにより、トレーニングの際に動員される筋肉の種類や量が格段にアップし、運動の難易度が上がり、強度を上げる事ができるのです。

最初は、不安定な状態でたくさんの回数行うのが難しいこともありますが、慣れてくるとだんだんと安定してトレーニングを行うことができるようになります。ケガを予防するために、安定性の高い姿勢から徐々に難しくしていくようにしましょう。

バランス系のダイエット器具は、年齢に関係なくいつまでも使い続けることができて、使い方の幅も広い、とても利用しやすい器具です。値段もそれほど高くなく、取り入れやすい器具ですので、日常生活にちょっと使うだけでなく、少しずつ高度な使い方にも挑戦してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.