> >

体幹トレーニングでダイエット!寝てても脂肪が燃える体を作る方法


 
あなたは片足で1分間立ち続けることができますか?
グラグラして足がついてしまったり、キツイ、もうダメ!と感じた人は体の軸になる部分の筋肉が衰えているかもしれません。
体幹トレーニングで体の軸を鍛えましょう。

スポンサードリンク

 

体幹トレーニングとは?

長友選手などプロアスリートたちのトレーニングに取り入れられ、海外でもコアトレーニングとしてフィットネスの定番になってます。
体幹とは耳慣れない言葉ですが、体の幹、つまり体の中心部分の事です。
具体的には胴体である肩、背中、お腹や腰の部分を指します。
体の軸となるので、スポーツを始めあらゆる運動のかなめになる、と言っても過言ではありません。

 

体幹が衰えるとどうなる?

最初に紹介した片足立ちなど、体幹がしっかりしていないとバランスを取るのが難しくフラフラしてしまいます。
年を取るとバランスを崩しやすくなったり、つまづきやすくなるのは体幹の筋肉の衰えによるもの。
また、軸が安定していないとどんなにエクササイズをがんばっても効果が十分に発揮されません。
腕や脚を鍛えても軸がぶれていては、効率的に動けませんし、トレーニングも困難です。
「がんばってエクササイズしてるのにやせない」という人は、体幹トレーニングも視野に入れてみては?
体幹トレーニングを取り入れることで、今まで苦痛だったエクササイズが楽になったり、効率よくカラダを鍛えることができます。

 

体幹トレーニングはやせるカラダへの最短距離

体幹トレーニングの最も大きいメリットといえば、基礎代謝量が増えるということ。
筋肉には、瞬発力の白筋と、持久力の赤筋があります。
赤筋は有酸素運動に使われる筋肉で、エネルギーの燃焼を司ります。
赤筋は、体幹部を中心に張り巡らされている筋肉。
体幹トレーニングは、まさにこの赤筋を鍛えるトレーニングなんです。

ちなみに白筋は年齢を追うごとに落ちて行きますが、赤筋は年齢を問わず鍛えることが可能です。
中国ではお年寄りを中心に健康維持のために行われている太極拳。
いくつになってもできる太極拳は、体幹トレーニングのひとつです。
年配の方でも始めやすい上、代謝を上げて老化防止にも繋がるというわけです。
加齢で足がフラついたり、代謝が落ちて行くエイジング世代には、体幹トレーニングはぜひ取り入れたいエクササイズなんです。

 

基礎代謝量を上げるとやせるってホント?

人間のエネルギー消費の中で、なんと全体の7割が基礎代謝量によるもの。
ジムでどんなに汗を流しても、エネルギー消費の内訳で行くと約2割しかありません。
つまり、がんばってエクササイズして消費するより、寝たり呼吸したり、無意識で行ってるエネルギー消費量の方が、圧倒的に多いということなんです。
効率的にやせたいなら、基礎代謝量を上げるほうが近道というわけ。
おまけに、基礎代謝というのは、食べた物からのエネルギーだけでなく、既に身についた脂肪も消費してくれるから嬉しいですよね。

 

ポッコリお腹や腰痛も体幹トレーニングで解消

体幹トレーニングで鍛える筋肉には、大腰筋もあります。
大腰筋は骨盤と密接している筋肉。
これを鍛えると、今まで筋肉の緩みで骨盤を支えることができなかったのが、元の位置に戻り、出ていた内臓も中に納まってくれます。
お腹ポッコリも解消されますし、腰回りが鍛えられるので腰痛予防にもなりますよ。

 

体幹トレーニングは姿勢がよくなる

体の軸の筋肉が衰えていると、姿勢が悪かったり背筋をピーンと伸ばすことがつらくなります。
実は、姿勢はダイエットにとっても重要。
知っていましたか? 姿勢を正しくするだけでやせやすくなるって。
胸を開くことで呼吸が深くなり、酸素が体に行きわたりやすくなります。
脂肪が燃えやすいカラダになれるというわけなんです。
あなたは、背筋をはった姿勢を何分続けられますか?

 

自宅で実践!体幹トレーニング

二の腕を鍛えるエクササイズ

バストアップの効果もあります。

(1)手首は肩の真下に、ひざは腰より10センチほど後ろの位置につけます。
腰はそらないように、体幹部分を意識します。

体幹トレーニング

(2)つま先を浮かせて交差させ、右手だけ大きく右側に移動します。

(3)両肘をまげて腕立て伏せの要領で体を下します。

体幹トレーニング

(4)上体を起こし、右手を元の位置に。

(5)次は左手で(2)~(4)と同じ動作を行います。
左右15回ずつ、計30回行います。
デコルテ周辺も鍛えられるので、下アゴのたるみや二重あごにも効果的ですよ!

 

ヒップアップエクササイズ

(1)仰向けに寝て、膝を立てます。腰が浮かないようにするために、息を吐いておへそを腰に近づける感じで腰を床につけます。腰をそらせないように。

体幹トレーニング

(2)右足を左膝にのせます。両膝が一列に並ぶようにします。

(3)ゆっくりお尻を上に上げます。右足の付け根が伸びるように、お尻を天井に向けて押し上げるようにします。

体幹トレーニング

(4)ゆっくりお尻を下し、床につけずに同じ動作を15回繰り返します。

(5)終わったら次は反対側も行います。
お尻や太ももを引き締めます。たるみの気になるお尻がキュッと上がって美尻に。

 
体幹トレーニングは、上半身(体幹部分)を常に意識して行うことがポイント。
腰だけが落ちたり、ねじれてしまわないように気をつけてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.