> >

おばさん体型とは呼ばせない!食生活改善&エクササイズで脱中年太り


 
アンケートによると40代女性の約7割が、30代後半から太った、と答えています。
どれぐらい太ったか、という質問には6~10kgが最も多く、10kg以上と答えた人も全体の1割以上いました。
やはり出産がきっかけで太り、産前の体重に戻らないまま今に至る、という人もいます。

スポンサードリンク

 
しかし一番多いのは、普通にしていたのに体重が増えていった、というケースです。
女性の35歳以降は太りやすい危険ゾーンと言えるでしょう。

 

おばさん太りになってしまう理由とは?

理由その1:基礎代謝量の低下

男性も女性も30代半ばになると基礎代謝量がガクンと落ちます。
今まで食べていても体が勝手に消費していてくれた分が、基礎代謝量が落ちることにより消費より摂取が上回ってしまうということなんです。
つまり、自然にカラダが太ってしまうということ。
男性も女性も中年太りになってしまうのは、この基礎代謝量の低下が原因ということなんです。

 

理由その2:女性ホルモンの低下

この年代になると女性ホルモンの分泌も徐々に減少します。
女性ホルモンには内臓脂肪をつけにくくする働きがありますが、これが減ると勝手に体が太ってしまうというわけなんです。
内臓脂肪が増えるとお腹周りにお肉が付き、おばさん太りの象徴である三段腹になってしまいます。

 

理由その3:筋力の低下

年を取ると必然的に筋力が低下します。
今まで内臓を支えていた筋肉が衰え、内臓が下に下がり、ポッコリお腹の原因になってしまいます。
背骨や骨盤にもゆがみが生じ、下半身太りを招く要因にもなります。
その上、筋肉が減ると代謝が落ち、ますます太りやすくなってしまいます。
おばさん太りは老けて見られるだけでなく、体が疲れやすくなったり、生活習慣病の引き金にもなりかねません。
早めに対策を取り、老けないカラダを手に入れましょう。

 

おばさん太りしない食生活はコレを食べる

ダイエットいうと、お肉や脂っこいものをカットして、ローカロリーの食事に走ってしまいがち。
でも筋肉を作るタンパク質は、太りにくいカラダを作る今の時期だからこそ食べたい食品。
他にも魚や大豆製品などのタンパク質系の食材を取りましょう。

 

老けないダイエットは糖質の摂り方がカギ

ごはんや麺類、パンはお腹も膨らみ食事には欠かせないものですが、注意して取らないと太るだけでなく老けやすくなります。
これらの炭水化物は、体内に取り込んで消費されないと、脂肪として体にどんどん蓄積されます。
実は糖質のほうが脂質よりも体にたまりやすい、って知っていましたか?
ごはんとミニうどんや、焼きそばとおにぎりという組み合わせ、また、食後に菓子パンなどついやってしまいそうですが、脱おばさん太りのためにはすぐにやめたい習慣です。

 

女性の年齢は背中に出る?スッキリ背中美人になる方法

普段目につくお腹や脚に気を使う人はいても、背中まで気をつけている人は少ないのではないでしょうか。
あまり目が行かない背中ですが、周りに人からはよく見られているパーツです。
そして、意外と年齢が出やすいところでもあります。
特に年を取ると、背中にお肉がつきますよね。
特にブラのはみ肉などは服の上からでも目立つものです。
すっきり背中を手に入れるエクササイズを紹介します。

 

ブラのはみ肉をすっきりするエクササイズ

(1)床にバスタオル等柔らかいものを置いて高さを作り、ちょうど肩甲骨の間にあたるようにして仰向けに寝ます。

(2)バスタオルで高さができ、胸を開いた姿勢をとります。

(3)腰は軽く床についた状態で、うでは直角に曲げ顔の両側に置きます。

(4)ひじを曲げたまま手をゆっくり上にあげ、足側に倒します。

はみ肉エクササイズ

(5)(4)を5回繰り返します。

 

背中やせエクササイズ

(1)うつぶせに寝ます。両手は方の真横にのばします。骨盤を床につけます。

(2)息を吸いながら顎を上げ、背骨をピーンと伸ばします。

(3)息を吐きながら両手と両足を上に上げます。

背中エクササイズ

(4)両手をお尻の上で組んで、肩甲骨をギュッと寄せるようにします。

(5)僧帽筋と大胸筋に刺激を感じ、胸を開くようにした状態で5秒間静止します。

背中エクササイズ

(6)ゆっくり(1)の姿勢に戻ります。(1)~(6)を5回繰り返します。

※僧帽筋とは背中の首から背骨にかけたひし形の部分の筋肉のこと。
※大胸筋とは胸板の部分の筋肉のこと。

 

脱おばさん太りは筋肉がカギ

ダイエットといえば食事制限というのが今までのパターンでしたが、これからのダイエットは筋トレがカギ。
年をとるごとに落ちていく基礎代謝量は、筋肉をつけることでセーブできます。
筋量が増えると代謝がアップし、脂肪がついても太りにくくなるだけでなく、疲れにくいカラダにもなれますよ。
ジムに通わなきゃ!マシーン買わなきゃ!と気負うことはありません。
テレビを見ながらダンベルでエクササイズしたり、寝る前にスクワットするだけでも十分効果は期待できます。
おばさんといわれないために、いくつになっても美しいボディラインをめざしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.