> >

コアトレって何?体幹を鍛える効果と効率的腹筋トレーニング

ダイエット成功
 
トレーニングを始めると、実に多様な種類のトレーニング方法があることを知ると思います。その中でも、最近特に人気が高いのが、「コアトレ」です。
競技力の向上や、技術習得のサポート、トレーニングの効率アップなどに非常に効果があるため、多くのトップアスリートやチームが取り入れていることから、注目を浴び始めました。

スポンサードリンク

 
今では、アスリート向けだけでなく、一般の方に向けた「コアトレ」がたくさん紹介されています。コアトレを行うと、

 
●ポッコリお腹を改善する
●ボディラインを引き締める
●身体のゆがみを整える
●肩こりや腰痛を改善する
●冷え症を緩和する

 
など、身体に良いことがたくさんあります。ダイエットをする人にもぜひ積極的に取り入れてもらいたいトレーニングです。

 

コアトレとはどんな運動?

コアトレを取り入れるためには、コアトレについて、十分に理解しておくことが必要です。

コアトレの「コア」とは、一般的に「体幹」のことを指します。
コアトレとは、単純に言い換えれば、体幹の筋力トレーニングということになります。
体幹は、腕や脚以外の胴体部分のことで、運動時の支点となる重要な部分です。腕や脚を動かす時にも、まずは体幹の安定が必要ですし、姿勢を正しく保持するためにも体幹の筋肉が欠かすことができません。体幹がしっかりしていると、動作をスムーズに行うことができ、どの部位のトレーニングでも、ジョギングでも、スイムでも、その効果は格段に上がります。また、ケガや痛みの予防にもなります。

 

コアトレと筋トレとの違い

ただ、コアトレが一般的な筋力トレーニングと大きく違うのは、「インナーマッスル」を鍛えることを重要視している点です。

筋肉には、表層についているアウターマッスルと、深層にあるインターマッスルの2種類があります。アウターマッスルは、身体を動かすことが主な働きです。一般的なトレーニングで鍛えることができるのは、アウターマッスルです。鍛えると筋肉が引き締まったり、太くなったりする変化を見て感じることができます。

一方、インナーマッスルは「身体の芯」となる筋肉で、骨や関節の支持し、安定させる働きが主となります。インナーマッスルは深層にあるため、見ることも触ることもできません。しかし、インナーマッスルが強く安定していないと、アウターマッスルがスムーズに機能せず、身体を上手に動かすことはできません。

「コアトレ」とは、体幹のインナーマッスルを鍛え、身体の安定性を高めるトレーニングだと理解しておきましょう。

 

コアトレの肝となる腹筋トレーニング

最も重要視されているのは、腹部のトレーニングです。
腹部には、腹横筋・腹斜筋・腹直筋という筋肉がついています。腹横筋はインナーマッスルで、腹直筋と腹斜筋はアウターマッスルです。

6つに割れるいわゆる腹筋というのは腹直筋のことです。腹斜筋は脇にあるウエストのくびれとなる筋肉です。一般的な腹筋運動では、アウターマッスルを鍛えるトレーニングですが、コアトレで注目するのは、インナーマッスルである腹横筋です。腹横筋には、腹圧を高める役割があります。

腹圧が高くなった状態というのは、コルセットを着用すると分かりやすいです。
コルセットをすると、身体ががっちり固く安定した感じがしませんか? 腹部は骨による指示がないので、不安定になりがちです。姿勢を保てなくなると、腰が痛くなることや、お腹がポッコリ出てスタイルが崩れることがあります。

コルセットで締め付けることで、腹部の内圧が高まり、骨による支持と同じように、圧力によって身体を正しい位置で支えることができるようになるため、身体の不安定性が解消されます。すると、姿勢が改善され腰の痛みが軽減したり、動作がスムーズになったり、飛び出たお腹が引き締まり、ワンサイズ小さな服でも着用できるようになることがあります。

「腹横筋」は、コルセットと同じ働きをする筋肉です。腹横筋さえしっかりしていれば、コルセットに頼らずに、腹圧を高め、身体を安定させることができるのです。
ポッコリととび出したお腹を内側から引き締めることも可能ですし、動作がスムーズに正しく行えるようになると、他の運動をしていてもその効果が出やすくなるのです。

 

コアが強化されればトレーニングの成果が出やすくなる

コアトレは、空気の入っていないボールに空気を入れるようなトレーニングです。空気が入っていないと、ボールはふにゃふにゃでゆがんだ状態です。蹴っても投げても飛ばないし、強く叩きつけても跳ねません。空気がバランスよく入っていれば、綺麗なシルエットになりますし、強く投げれば遠くに飛んでいき、跳ねる時は力をしっかり伝えて思い通りに跳ねるようになるのです。

これと同じように、コアが弱くなっている状態では激しいトレーニングをしても、思ったように結果は出ませんし、スタイルも悪いままです。コアが強くなれば、トレーニングの効果が思い通りに出てくるようになるし、理想のスタイルに近づくこともできるのです。

 

コアトレの基本となるドローイン

コアトレを実践するときには、ドローインを知っておくと有効です。
ドローインは、お腹を引っ込めることを指します。姿勢を正して、お腹が背中にくっつくくらい思いっきりお腹を凹ませます。この状態を保ったまま、コアトレや他の運動を行うことで、インナーマッスルを刺激することができます。
ドローインを意識したまま、日常生活を送るだけでも十分コアトレになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.