> >

筋トレ・ストレッチ・有酸素運動。ダイエットに最も効果的なのは?

運動
 
ダイエットのためには、食事のコントロールと適度な運動が大切だというのは、もはや常識です。しかし、問題はどんな運動がどのくらいで適度であるのかという事です。運動にも色々あります。違いを知らないと、目的に関係のない運動に時間を費やしてしまいかねません。
代表的な運動について説明をしていくので、何のために行っているのか理解して取り入れるといいでしょう。

スポンサードリンク

 

筋力トレーニングとは

筋力トレーニングは、筋肉を肥大させて、筋繊維の動員数を増やす事が目的です。筋肉は細い繊維が束になった組織です。筋トレによって筋繊維の1本1本が太くなり、働く繊維の数が増えることがいわゆる「筋肉がついた状態」です。特定の動作によって、特定の部位の筋肉を鍛えることができます。腹筋運動や腕立て伏せなどが筋力トレーニングでは代表的です。男性や運動経験が豊富な人はダンベルやバーベルなど、器具を利用して行うこともあります。
筋力トレーニングをすると筋骨隆々になると不安を抱く人もいますが、筋肉をムキムキの状態にするのと、ダイエット目的のトレーニングでは、負荷の掛け方が異なります。家でできるレベルのトレーニング方法でムキムキになることはありません。

 

ストレッチとは

ストレッチは、筋肉を伸張することです。体操などもストレッチの一種と考えられます。
ストレッチには、筋力トレーニングと同じ効果があると勘違いしている人が多いですが、ストレッチは筋肉の伸張、筋力トレーニングは筋肉の収縮という全く逆の運動です。
ストレッチの効果は、筋緊張の緩和・血行促進・疲労回復・関節可動域の拡大です。
身体が硬い人は運動時に怪我のリスクが高まりますので、ストレッチによって身体を柔らかくしておくことが有効です。また、緊張や疲労によって、肩こりなどの症状がある場合にも、ストレッチが有効です。主に、運動前の準備運動、運動後の整理運動として実施されます。

 

有酸素運動とは

有酸素運動は、ウォーキングやジョギングといった、全身運動です。脂肪燃焼や全身持久力の向上などの効果があります。おしゃべりできる位の強度で、長時間運動を続けることで、酸素を使って行う運動のことで、運動時に脂肪をエネルギーをとして消費します。強度をあげすぎて、息が切れる程の運動は無酸素運動といわれて、脂肪燃焼効果は期待できません。

 

ダイエットに最も効果的な運動は?

ダイエットを目的とした運動とは、こうした運動を組み合わせて行います。ストレッチは準備体操として行い、筋力トレーニングの後に有酸素運動を15分以上行うと、脂肪燃焼に効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.