> >

膝や腰に負担が少ない!水泳・水中ウォーキングでのダイエット

ダイエット失敗
 
ダイエットを効率よく行うためには、脂肪を燃焼させて筋力アップも期待できる、有酸素運動を生活に取り入れることが大切です。
特に水中で行うことによって痛めやすい膝などの関節への負荷が少なく、運動効果をしっかり実感できる水中ウォーキングや水泳は、筋力アップをするためにもお勧めの運動です。

スポンサードリンク

 
では、これらの水中の運動でダイエット効果を上げるには、どのようなことに気を付けて行えばいいのでしょうか。

 

ストレッチをしっかり行う

ウォーキングやジョギングと同じく、水中ウォーキングや水泳を行う場合も、準備運動はしっかり行うことが大切です。
陸上と違って、知らず知らずの間に体全体に大きな水圧のかかる水中での運動なので、手首や足首、膝や股関節など、普段あまり伸ばさない部分もしっかり伸ばして解しておきましょう。
また、運動後も筋肉痛や体の疲れを残さないためにも、しっかりストレッチをして体を伸ばしておくことが大切です。

 

他の有酸素運動同様、20分以上続ける

水中ウォーキングや水泳をする場合も、他の有酸素運動と同じく、20分以上続けることがポイントです。
水中ウォーキングは最初は水圧に邪魔されて思うように歩けないかもしれませんが、ゆっくり歩くだけでも通常のウォーキングの3倍近い負荷がかかるので、20分以上続ければ高い運動効果を実感することができます。

水泳は腕、背中、足など体全体を使って行う有酸素運動なので、水中ウォーキングよりもさらにダイエットに効果的です。
水泳だけで20分間が体力的にきつい場合は、水中ウォーキングと組み合わせてもいいので、ぜひ20分以上自分のペースで運動してみましょう。

 

水圧で血流アップも!ただし冷え過ぎには注意

水中でウォーキングや水泳を行うことは、体に常に水圧がかかるので、無意識の間にマッサージを受けているような状態になり、血流がアップします。
血流がアップすれば、新陳代謝も活発になり、体の中に溜まっている老廃物もスムーズに排出されていきます。

ただし、やはり水の中なので体の冷え過ぎには注意が必要です。
体が冷え切ったと思う前に、採暖室やジャグジーを利用して、体調を崩さないように体温をしっかりコントロールしていきましょう。

 

運動を行うときは正しいフォームを意識して

水中ウォーキングや水泳をする場合も、正しいフォームは常に意識しましょう。
正しいフォームで運動することで、運動によるダイエット効果も上がりますし、運動で体を傷める危険性も回避することができます。
胸までプールに入れば、陸上に比べて膝など関節への負荷を約70%軽減できる水中での運動です。
怪我をしないよう正しいフォームを心がけて、最大限のダイエット効果を実感していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.