> >

ダイエット中に飲むならコレ!運動の効果をアップする飲み物3種

ダイエット成功
 
ジョギングやウォーキング、自転車、水泳などの有酸素運動は、20分以上続けると脂肪を燃焼しやすくする効果がありますが、これを数か月単位で継続して続けると基礎代謝量のアップや血流の改善によるデトックス効果など、さらに高いダイエット効果を実感することができます。

スポンサードリンク

 
しかしこれらの運動の前後に、お砂糖たっぷりの甘い飲み物ばかりをガブガブ飲んでいては本末転倒です。運動前後に取る飲み物は、意外と運動のダイエット効果に大きな影響を及ぼすものです。普段から運動前後の飲み物に少し気を配って、更にダイエット効果を高めていきましょう。

 

運動前に飲めばより脂肪を燃焼させるカフェイン飲料

運動の直前にコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを多く含んだ飲み物を飲むことで、その後にする運動の脂肪燃焼効果をアップさせることができます。
また、カフェインは脳を覚醒させる効果もあるので、時間が経つと注意散漫になりやすい長時間の有酸素運動も、集中して行うことができます。
量としてはコーヒーカップに1杯から2杯程度を運動の10分前くらいに取るように心がけましょう。

 

自律神経を整え、デトックス効果を上げる白湯

自律神経を整え、体の老廃物を排出しやすくする効果のある白湯も、運動の前後に是非飲みたい飲み物です。
白湯はやかんでお湯を沸かし、10分程沸騰させたものを約50度に冷ましたものです。しかしその都度50度の白湯を作るのは大変なので、一旦10分沸騰させたお湯を保温ポットへ入れ、そこから必要な時にコップに注いで冷まして飲むと続けやすくなります。

白湯はゴクゴクと大量に飲まず、一口ずつすするようにしてコップ1杯を約15分程かけて飲むのが正しい飲み方です。
水分は一気にゴクゴクと大量に補給しても、そのほとんどが尿として排泄されてしまいますが、少しずつ時間をかけて温かい白湯を飲むことで、体にしっかり水分補給ができるだけでなく、内臓を温め、新陳代謝を活発にします。
ぜひ運動の前後に白湯を取り入れてみましょう。

 

疲労物質を排除し、酸素を届ける炭酸水

少し前から店頭でも様々な種類の商品を見るようになった炭酸水も、ダイエットの運動効果を高めるのに効果的な飲み物です。
炭酸水は二酸化炭素が入った水ですが、体に取り入れることで毛細血管を開き、全身の血流を改善します。
また、運動後に発生する疲労物質である乳酸を排除する効果もあるので、運動後の水分補給にコップ1杯程度飲むのもお勧めです。

ただし、砂糖の入った甘い炭酸飲料では逆効果になってしまうので、必ず甘味料不使用の水と二酸化炭素のみで作られたものを選びましょう。
飲みにくい場合は、様々なフレーバーの商品も販売されているので、好みの香料が添加されたものを選ぶと美味しく続けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.