> >

メリットいっぱい♪産後ダイエットに取り入れたい骨盤矯正体操2種

出産後 赤ちゃんと
 
出産は女性にとって、人生最大の大仕事。
そのため体にも大きな負担がかかっているのは、明確ですよね。
でも、赤ちゃんにかかりっきりで、自分のことはつい後回しになってしまいがち。
赤ちゃんの一挙一動を見守って、自分のことまで手が回らないのが現状でしょう。
でも、自分のカラダのこと、ちょっと考えてみたいですね。

スポンサードリンク

 

出産後の骨盤の歪みが招く症状

出産後、こんなことを感じたことはありませんか?

 
●首や肩がこる。
●頭痛になりやすい。
●体重が妊娠前に戻らない。
●お尻や下半身にお肉がついてきた。

 
骨盤は出産の時に大きく開きますが、その後はちょっとしたことでゆがみやすくなっています。
骨盤がゆがんでしまうと、血行が悪くなり、冷え性になったり、むくみ、下半身太りなどのトラブルに見舞われます。
そう、産後ダイエットと骨盤は、実はとても深い関係があるんです。

 

どうする?骨盤矯正

産後の骨盤ケアは、ベルトやコルセットを使うのが一般的。
妊娠中からつけていた、と言う人もいるのでは?
でも、出産後は何かとあわただしく、つけていない人もいます。
自宅で、自分で骨盤体操を取りいれてみてもいいでしょう。
産褥体操を始め、サイトや動画、書籍などでも紹介されています。

注意したいのは、産後用のエクササイズを選ぶこと。
通常の骨盤矯正だと、産後のデリケートなカラダに負担がかかり、さらに骨盤がゆがんでしまう恐れもあります。

 

骨盤矯正にはこんなメリットがある

骨盤のゆがみが改善されると、体重が元に戻りやすくなります。
産後の回復も早くなり、血行がよくなるので冷え性がなおり、よく眠れるようになります。
疲れもたまりにくくなり、肌のくすみが消えるなど、嬉しいことづくめ。
骨盤矯正は産後1,2カ月後から始められるます。
産後1年以内に行うようにしましょう。
整骨院やカイロプラクティックには、産後専用の骨盤矯正メニューが用意されています。
子供連れでもOKの医院もあるので、思い切って足を運んでみてもいいですね。

 

自宅で簡単!骨盤体操

寝ながらできる産後骨盤引き締め体操です。
ちょっとしたスキマ時間を利用して、実践してみましょう。

 

左右膝つけ

(1)仰向けに寝て、膝を曲げる。
かかとをお尻につける。足は開いて、つま先は外側に向ける。

骨盤矯正体操

(2)片足ずつ膝を床につけていく。左右交互に10~20回繰り返す。

骨盤矯正体操

 

両膝つけ

(1)両膝をつける。

骨盤矯正体操

(2)しばらくこの体勢をキープ。
ゆらゆら軽く上下にゆらしてみましょう!
※膝の高さは左右同じかどうか注意。ここの高さが違うと歪みの原因に。

(3)足を開いてこの体勢をキープして終わりです。

骨盤矯正体操

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.