> >

遊び感覚で始められる!優秀な有酸素運動「縄跳び」でダイエット

縄跳びダイエット
ダイエットには、有酸素運動が一番いいというのは有名な話です。
でも、有酸素運動は大変そう、続かなさそうというイメージも先行しているように感じます。

スポンサードリンク

 
そもそも、有酸素運動が何を指しているのかわからないという人もいるかもしれません。

 

有酸素運動にはどんなものがある?

有酸素運動といえば、ジョギングやウォーキングが有名です。
しかし、これ以外にもダイエットに効果的な有酸素運動は存在します。
それが“縄跳び”ダイエット。
子供の頃に、学校の授業や遊びの中で使っていた縄跳びが、実はダイエットとして効果抜群です。

縄跳びは、ほんの少しのスペースがあればどこでもできます。
残念ながら家の中ではできないでしょうが、庭や公園、土手などで楽しみながらやることができるでしょう。
気軽に遊び感覚でできますから、ダイエット目的だったとしても、やっているうちに夢中になってしまいそうですね。

 

縄跳びダイエットの嬉しい効果

縄跳びを実際にやってみたら感じられるでしょうが、下半身ダイエットにとにかく効果大。
太ももやヒップをスリムにするのにいいそうです。
それ以外にも、お腹のプニプニ脂肪や二の腕のたるみもなくなった!という声もあります。
基本的に、縄跳びは下半身をより多く使うイメージがありますが、上半身だってたくさん使います。
継続してやり続ければ、ボディラインをひきしめることだってできるでしょう。

また、継続して続けることで、代謝が良くなったり免疫力が上がったりする効果も望めそう。
脂肪がつきにくく、痩せやすい体質にだってなれるかもしれません。

 

縄跳びダイエットの注意点

縄跳びダイエットで大事なこと。
それは、持続することです。
数日おきにでもいいから、できるだけ長く続けることで効果が出ます。

ただし、やりすぎはよくありません。だいたい20分から30分程度の運動に留めておくべきです。
それ以上やると、膝や腰を痛めてしまう可能性も否めません。
それなりに長い時間続けるとしても、連続して何十分も縄跳びをし続けるのも大変ですから、こまめに休憩をはさみながら続けましょう。

また、場所選びも大事です。
固い地面、つまりコンクリートのような場所の上で長時間飛び続けると、やはり脚に負担がかかります。
できれば適度にやわらかい地面の上でやったほうがいいでしょう。
靴も、サンダルのようなひっかかりやすそうなものは避けて、運動用のスニーカーなどを選びましょう。

縄跳びを終えたら、脚の腱を伸ばしたり、さすったりしてストレッチを入念にしておきましょう。
そのままにしておくと、はじめは筋肉痛に苦しめられることになってしまうかもしれません。
しかしながら、きちんと続ければスリムな体を手に入れられそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.