> >

コレがダメなら何やっても続かない!ダイエットに欠かせない有酸素運動を踏み台昇降で

踏み台昇降ダイエット

 

踏み台昇降というと、体力テストを思い出すという方が多いかも?
ダイエットに踏み台昇降が良いよと言っても、ピンと来ないといった表情をされる方がほとんどかもしれませんね。
また、「踏み台昇降なんて家ではできないんじゃないの?」「体力に自信がないから無理だよ」という方もきっといるのでは。

 
でもそんなことはありません。踏み台昇降ってホントに手軽で効果的。しかも費用もかからず、体力に自信のない方にも(わたしのような)運動音痴さんにも全ての方にお勧めできる、とても継続しやすいダイエット法なんです!

 
ではでは、早速踏み台昇降ダイエットについてご紹介しましょうね。

スポンサードリンク

 

 

ステップ台の作り方

まず必要なのはステップ台の準備です。
もちろん購入されても構いません。安いものだと3,000円程度で手に入ります。作りがしっかりしてさえいれば、どんなものでもOKです。
でも、わざわざステップ台を買わなくても大丈夫。手作りでできちゃうんです。

 

適当な分量の古新聞を重ねて、古紙の回収に出すときのように、でもそれよりもしっかりと紐で絡んで下さい。
そして、その上からさらにラップでグルグル巻きにして、新聞がズレないように固定して下さい。
なんとこれで簡易ステップ台の出来上がりです。
(新聞紙の一番外側になる部分にお好きな包装紙か何かを使えば、可愛いステップ台になりますよ♪)

 

 

ステップ台は適切な高さにして

さて、先ほど「適当な分量の古新聞」でステップ台を作ると言いましたが、実はこの分量というのが肝のひとつになります。
踏み台昇降を行うというとそれなりの段差を上がり下りするのを想像しがちですが、ダイエット目的の踏み台昇降の場合にはあくまでも有酸素運動を行うことが重要になるので、逆に段差が大きすぎるとNGなんです。

 

 

最初は7センチで十分です

ステップ台はだいたい7センチから10センチ程度が適当な高さとなります。
今まで全く運動をしていなくて、体力や筋力に全く自信がないという方は、5センチから始めても構いません。逆に10センチじゃ手応えがなさすぎるよ~という方はもう少し高くしても良いのですが、それでも15センチまでにしてください。
高さが15センチ以上になると、脚の筋肉を鍛えるのには適しているんですが、有酸素運動からはちょっと外れてしまいますので。

 

 

ステップの速度は自分の体力に合わせて

運動を行うテンポは自分の体力に合わせて行いましょう。好きな音楽に合わせて足を動かしても良いですし、できるだけ早くステップを踏んで身体に負荷をかけるというのも良いのではないでしょうか。

 
運動の時間は脂肪の燃焼が始まると言われる20分以上が望ましいのですが、運動する分カロリーが消費されるのには変わりないので、短い時間でも効果がないというわけではありません。
ぜひ無理のない範囲で始めてみてくださいね。

 

 

左右の脚への負荷は均等になるように

やり方の自由度が高い踏み台昇降ですが、もうひとつ注意が必要なポイントがあります。
それは昇り降りを始める側の足を左右片方だけに固定しないということです。
何回かごとに起点となる足を逆にしても良いですし、台の上で一歩ステップを入れて5歩で1サイクルにすれば起点となる脚を1回ごとに変えることができます。どちらでも自分のやりやすい方法で行ってみてください。

 

 

いつでも好きなときにできるのが良いところ!

踏み台昇降の良さは、ジョギングやウォーキングと異なり、時間帯や気候に左右されず行えるという点です。
夜中しか時間が取れないという方や雨の日や暑い日、寒い日にはつい運動が億劫になるという方も、これなら続けることができんじゃないでしょうか。テレビを見ながらステップを踏んでいると、30分程度はあっという間に経ってしまいますよ。
ダイエット目的の方はもちろん、運動不足による体力低下が気になる方にもお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.