> >

たるんだヒップもキュッとアップする「がにまたでお尻引締め運動」

水着姿の女性の後ろ姿
冬場は沢山着込んでいるから気になりませんが、薄着の季節になりますと気になるのが様々な部位のお肉ですね。
特にプルプルとたるんでしまっているお肉があると、見た目も恰好悪いですよね。
お腹や二の腕、太ももなどは自分でもしっかりとチェックできますが、盲点なのがお尻です。

スポンサードリンク

 
お尻はなかなか自分の目では後ろ側なのでチェックしにくい部分ですね。
たまには鏡で振り返って、自分の後ろ姿をチェックしたり、写真に撮ってもらったりして他の人からどう見えているのかを見てみるのもおススメです。

 

たるんだお尻を引き締める運動

今回は、そんなお尻のたるみが気になるあなたにおススメな運動をご紹介したいと思います。

名付けて「がにまたでお尻引締め運動」です。がにまたと言うとちょっと聞こえが悪いし、恰好悪いですか?
そんなことありませんよ。気になるあなたはご家族など誰もいないときを見計らってこっそりやってみて下さいね。

お尻だから、普通に歩いていればある程度は引き締まるんじゃないの?と思っている方も多いかと思うのですが、お尻のたるみの部分は普通にテクテク歩いているだけではなかなか落ちてくれません。

お尻を形よく整えてくれている筋肉はいくつかあります。
大臀筋、中臀筋、小殿筋などは日常の動作だけではなかなかバランスよく鍛えることが難しい筋肉となっています。
一方スポーツ選手などは使っている人も多いようですね。スポーツ選手のお尻はきゅっと引き締まっていて筋肉もついて恰好良い人が多いのもこれらの筋肉を上手にバランス良く使っているせいかもしれません。

 

運動のやり方

まず、両足を肩幅に開いて立ちます。そして膝を徐々にまげて中腰になります。そのままの姿勢で膝を外にひねっていきます。
両足のつま先部分も外に開いていき、出来る限り足先が横向きになるようにしましょう。
膝など関節が痛い方は無理をしないように、痛みがでないか注意しながらやってくださいね。痛い時には悪化するかもしれませんのでやらないでください。
こちらの体制を10秒キープします。そして徐々に戻していきましょう。小休憩を取りながら繰り返すと良いでしょう。

 

ひねる動作で3つの筋肉を同時に鍛える

こちらの体操の良い所は、ひねる動作があるところです。筋肉の細胞を覆っているマクも強まりますし、雑巾を絞るように、水分を押し出す効果も期待できますので、足のむくみにも効果があります。
大臀筋、中臀筋、小殿筋の三つの筋肉も同時に鍛えることができますし一石二鳥です。
是非気が付いたときに一日に一度でも二度でも良いのでこまめにやってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.