> >

キュッと上がったヒップを作るバレエの「アティテュード」のポーズ

バレリーナ
バレエをやっておられる方はすらっとしていて、余分な脂肪などはなくつくところに程よく筋肉がついていて美しい体型の方が多いですよね。

スポンサードリンク

 
今回は前回に引き続き、バレエのポーズをやってみましょう。
今回は、垂れてしまったお尻を引き上げる効果のあるポーズです。

 

運動不足でお尻が垂れて猫背に

近頃はエレベーターやエスカレーターなどを使って階段を使わない人が多いせいか、若い方でもお尻が垂れ下がってしまっている方も多いのではないでしょうか。
後姿は自分ではなかなか確認できませんが、ピタッとした服を着たり薄着になるこれからの季節は周りから見てもヒップの垂れ具合が見えてしまうこともありますので注意が必要ですね。

お腹の中の方にある腸腰筋という筋肉があるのですが、これは腹部を縦に支えている重要な筋肉です。ですがこれも運動不足や加齢によって徐々に衰えてしまいがちな筋肉なので要注意です。
この筋肉が衰えてしまうと、姿勢が悪く猫背になり、バレリーナのようなシャンとした姿勢とは程遠くなってしまいます。

 

大臀筋や股関節の筋肉を鍛えて引き締まったヒップに

お尻の筋肉に大きく関係しているのが、股関節などをぐるりと動かす外旋六筋や、お尻の表面にある大臀筋なのですが、これらの筋肉が衰えてしまいますと上についているお肉が支えきれなくなってお尻が垂れ下がってきてしまうのです。
特に30代40代以降になってきますと、加齢やホルモンバランスの崩れによってエネルギー代謝が低下してきてしまいます。それでふっくらとしたオバサン体型になってきてしまうようですね。
このような体型になるのを阻止するためには、まずバレリーナのように姿勢を正して、これらの筋肉の衰えを防ぐことが大切なのです。

 

「アティテュード」のポーズでヒップアップ!

今回ご紹介するのは、お尻をキュっとしめて引き上げる「アティテュード」というポーズです。

まずは、両足の股関節を外側に回転させるように意識して、つま先を外に開いてみてください。次に両足の間を軽く30センチほど開いて、かかとや小指の付け根、親指の付け根などをしっかりと床につけて立ってみてください。
こちらが基本姿勢となります。そして、3秒くらいかけながらゆっくりとつま先をふくらはぎの中央位まで引き上げます。

膝ごと後ろからひっぱられるように、足をできるだけ後方に持ち上げていきます。3~6秒この姿勢をキープして、つまさきからまた3秒ほどかけてゆっくりとおろしていきます。
膝を上げる時にはできるだけ膝を外に向けて、一緒に股関節も外に向かって回転させるように意識しながらやってみてください。

これら両足を交互にやって、1セットとします。これを3セット、1日に3回位すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.