> >

オバサン体型の原因・背中のたるみを取るバレエの「カンブレ」のポーズ


年を取るほどに気になってくるのがたるみではないでしょうか。いくらダイエットをして痩せていてもお肉がダランと垂れ下がってしまっていたら恰好悪いですよね。

スポンサードリンク

 
今回はバレエのポーズを利用して気になる背中やお尻などのたるみを取ってみましょう。

 

ダイエットで重要なのは筋肉が落ちないこと

加齢や運動不足が原因となってくるにっくき「たるみ」ですが、やはりこれは筋肉が痩せてしまうことが一因のようですね。
ダイエットをするにもいかに筋肉を痩せさせずに、脂肪だけを取るかが重要となってきます。

適度な運動を常に心がけて筋肉を鍛えることによって、「筋肉の痩せ」を防ぐことができますね。
特に背骨を支えてくれている「脊柱起立筋」が弱くなりますと、おばぁさんのように自然と猫背ぎみな前かがみの姿勢になってしまうようです。
年をとっても若々しい方はシャキっと背筋が伸びている人が多いですよね。この筋肉が強いかたがたなのでしょう。

特に背中にこんもりとしたお肉がついてしまうと、ブラなどの周りにお肉が盛り上がったりして、後姿だけでも一度に老けた雰囲気になってしまいますので注意が必要ですね。
このような、「オバサン、オバァサン体型」にならないためにも、今回ご紹介するバレエのポーズを是非やってみてください。

 

「カンブレ」のポーズで背中のたるみを取る!

背中のたるみなどを取ってくれる「カンブレ」というポーズをやってみましょう。

椅子などにつかまりながら、背筋を伸ばして立ちます。
両足の股関節を外側に回転させるように意識して、つま先を外に開いてみてください。次に両足の間を軽く30センチほど開いて、かかとや小指の付け根、親指の付け根などをしっかりと床につけて立ってみてください。
それから頭を動かさずに片腕だけを上に振り上げます。急にふりあげるのではなく、3秒ほどかけてゆっくりと上にあげてみてください。

この時注意していただきたいのが、背中を弓なりに反らせるような感じで姿勢よく行う事です。猫背にならないようにしてください。
腕をできるだけ上にあげるように心がけてみましょう。
肩や肩甲骨を上手に上に引っ張り上げるような感じを意識しながらやってみると良いですね。

その姿勢を3秒キープしたら、ゆっくりと3秒ほどかけて腕をおろしてください。
ゆっくりと上げたりおろしたりすることによって、普段運動不足の人ですとちょっと腕がプルプルした感じになると思います。この刺激が筋肉に良いようですね。

両腕を交互に行って、1セットとして、3セットを1日に3回以上行うと効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.