> >

ダイエット運動を始める&続ける条件「すぐできる・簡単にできる・費用が安い」

ダイエット運動

 

運動して痩せようと思ってもなかなか行動に移せない方が多いのではないでしょうか?
その原因に運動できる条件が整わないことが挙げられます。
運動は外で行うものと思っていませんか?いえいえ、おうちで行えます。

スポンサードリンク

 

 

その場で走る!

その場で走ればいいんです。最近ではゲームでも室内で運動を行えるものがあります(『Wii Fit Plus』)それと同じようなことをするのです。
場所も道具も必要ありません。
走れる方は走ればいいし、体力に自信のない方は歩けばいいのです。
運動時に視覚や聴力(TVや音楽)を使った<ながら運動>にしてしまえば時間は意外と速く過ぎてしまいます。
簡単でいつでもできると思いませんか?

 

 

滑り止めは必須です

この時の注意点はおうちの床の素材により滑らないようにマットを引くとかスリッパは脱ぐとか怪我をしないように気を付けてくださいね。
歩くだけでは物足りなくなってきたら踏み台昇降運動を追加してみてはいかがですか。
わざわざ踏み台を買わなくてもおうちにある捨てようと思っていた雑誌をガムテープで何冊かまとめて危なくない広さ・高さになったらぐるぐる巻きにして固定すれば踏み台の完成です。

 

 

ダイエット運動を始める&続ける第一歩

運動を続けるには<すぐできる・簡単にできる・お金もかからない>こういうことも大事です。
むやみに運動するより意味や内容を理解して運動する方が効果も期待できますので運動というものについてお話していきましょう。
太った時に気になる<ぷにっとつまめるいらないお肉>は脂肪です。
痩せるためには体についてしまった脂肪を燃やさないといけません。
しかし脂肪を燃やす前に糖質を燃やす必要があります。痩せるためには糖質と脂肪の両方を燃やす必要があるのです。
料理でたとえるなら糖質が前菜で脂肪がメインディッシュです。

 

 

ポイントは酸素

何事にも順番があるように痩せるためにもこの順番を意識することが必要になり、ここでポイントになるのは酸素です。

 

脂肪を燃やすためには酸素が必要で、運動には有酸素運動(ジョギング・ランニング・サイクリング・スイミング等)と無酸素運動(短距離走・筋トレ等)の2つに分かれます。
最初から脂肪を燃やしたいのが本音ですが先に糖質を燃やさなければなりません。
そして糖質をより多く燃やしてくれるのは無酸素運動です。
有酸素運動でも息が上がるほどの負荷をかけてしまうと酸素量が減り脂肪が燃えずらくなってしまう為、運動中会話できる位の余裕がある状態を目指しましょう。心拍数を目安にしてもよいでしょう。(適正心拍数=180-年齢)
運動で痩せる理由を理解して、続けやすい仕組みを作るこれが無理なく運動で痩せる秘訣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット運動

Comments are closed.