> > >

骨盤矯正、ウォーキング、食事記録ダイエットで5キロ痩せた体験談。切実でした…

ダイエット成功

 

骨盤矯正、ウォーキング、食事記録ダイエットで、5キロの減量に成功したM.Nさん(33歳 女性)の体験談と感想です。
ダイエットに成功した今の気持ちやリバウンドしないコツ、ダイエット成功後も続けていることなどを口コミしていただきました。

1.年齢、性別、イニシャルをお願いします。

33歳 女性 M.N

 

2.ダイエットした時期はいつですか?

1年前

スポンサードリンク

3.成功したのはどのようなダイエットですか?

骨盤矯正(セルフ) ウォーキング 食事記録

 

4.何度目のダイエットで成功しましたか?

6回目

 

5.骨盤矯正、ウォーキング、食事記録ダイエットをした期間を教えてください

半年

 

6.ダイエットで痩せようと思った箇所を教えてください

下半身

 

7.何キロ(何センチ)のダイエットに成功しましたか?

5キロ

 

8.ダイエットをしようと思ったきっかけは?

会社のイベントで少女時代のダンスを披露することになり、練習で鏡の前に立ったとき、ほかのメンバー(皆細身で可愛い)と見比べた自分があまりにもぽっちゃりで、このままで恥をかくと思ったためです。切実でした。

 

9.リバウンドしましたか?

今のところしていません。

 

10.リバウンドしないために努力していることは?
(リバウンドしていない方)

毎晩簡単なストレッチや体操を5分~10分ほどしています。歩数計を持って出かけることと食事記録を付けることが習慣化していて、自分の行動を反省したりモチベーションを上げるのに役立っています。

 

11.なぜリバウンドしたのでしょうか?
(リバウンドした方)

今のところしておりません

 

12.ダイエットでとくに苦労したこと、痩せて変化したことや嬉しかったことなどダイエットスタートから成功までの感想を書いてください

ダイエットで苦労していたのは、考えなしに手軽そうな商品に手を出して失敗を繰り返していた以前までです。商品の広告にはダイエット成功者の素敵な姿が掲載されているのに、そこまでの成果が出せない自分を責めたり、ますます自身を失ったり。そしてストレスでヤケ食いをするという悪循環の繰り返しで、自分はキレイになんてなれないんだと、暗澹たる気持ちでいました。

 
 ダイエットのことは考えないようにしよう。そう決めた時から、少しづつ自然に体重が落ちていった気がします。1年前、ダイエットに挑戦しようと思ったときは、「痩せたい!」ではなく、「こういうスタイルになりたい!」というイメージを明確にして、自分自身を見直すことから始めました。

 
鏡を前にして、頭のてっぺんから足の先までじっくり眺めて、自分の現状から考えられる、一番適した方法を探しました。
その結果が、幼い頃から当たり前のように下半身が太かったのは骨盤の歪みが関係しているのではないか、それは日々の姿勢に問題があったんだ、ということです。
 食事記録をつけながら、毎日の最低歩数(通勤+α程度です)だけ決め、骨盤を整える体操をする。

 
そんなに苦痛を感じなくても1週間ほどで目に見えて下半身が細くなっていきました。実際に減った体重以上に見た目の変化が著しかったので、周りがものすごく驚いてくれるのも励みになりました。

 
ちまたにはカンタンにキレイになれるような情報が溢れていますが、自分に合っていなければ意味がないのだということを学んだ半年間でした。

 

13.ダイエットに何度も失敗している方へのメッセージをお願いします

ダイエットとはただ痩せることが目的ではなく、自分のカラダと生活そのものを作り上げていくことだと思っています。

 
何事も楽して手に入るものなんてないのではないでしょうか。特別にお金をかけずとも、時間を割かなくても、ダイエットは可能です。
まずは、自分自身と向き合うことがたいせつで、自分のステキなところを見つけるといいと思います。
それから自分の毎日の生活を見直してみるといいと思います。
体の各部位のサイズをキチンと測って(認めたくないサイズでも!)、歩数計を持って歩いてどれくらい動けているのかを知って、食事の記録をとってみる。嘘偽りなく記録してみると、意外に食べているんだということがよくわかります(笑)。
方法を考えるのはそれからでいいのではないでしょうか。自分自身を知らずに、なりたい自分になれるはずはないですものね。

 
毎日を丁寧に過ごしていると、体も自然に一番綺麗なカタチに収まっていきます。体のみだれは生活のみだれ。今でもつけている食事記録が、それをいつも私に教えてくれます。自分自身をコントロールして、生活を自らプロデュースしていくって、ワクワクして楽しいことです!変な意味ではなく、自分を大事にしてあげたいと思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.