> >

パイナップルダイエット、朝バナナ、グリーンスムージーで痩せられる?

green vegetable juice
少し前になりますが、バナナダイエット、パイナップルダイエットが流行ったことがありました。

スポンサードリンク

 
もちろん経験ずみなのですが、パイナップルダイエットについてはかなり危険があることがわかりました。

 

パイナップルダイエットのメリット・デメリット

パイナップルダイエットは、とにかくパイナップルを食べるものでした。
パイナップルには、お肉の繊維をやわらかくする酵素が入っています。
このため、よくお肉料理にパイナップルが乗っていたり、混ざっていたりするのです。
ハンバーグや酢豚がいい例です。
しかし、この酵素はお肉すべてに効果を発揮するのです。食べすぎると胃をおかしくしてしまったり、口の中が炎症を起こしてしまったりと嫌なことが起きてしまいます。
たくさん食べればよりやせるという考え方は間違えです。
でも、焼き肉の際に一緒にパイナップルを食べると翌日胃もたれをしなかったり、あまり体重が増えていなかったりといい効果が出るのでお試しものではあります。

 

バナナダイエットのメリット・デメリット

一時、バナナが手に入らない時期ありましたよね。
ある有名人がバナナダイエットをして成功していたからだと思います。
これも、根気の問題になりそうですが個人的には効果があるのではないかと思っていますし、難しくないと思います。
朝バナナを1本食べ、200mlのお水を2杯。できたら白湯を飲む。そして、2時間なにも口にしないこと。
2時間たてば何を食べても問題ない。という感じのダイエットでした。
わりとやりやすいダイエットで、特別な我慢をしないで済むので私は好きでした。

しかし、飽きるのです。
バナナを毎日食べるのは1週間程度であきます。
味を変えたくなるし、朝ご飯を家族と食べたくなるのでお母さんとしてダイエットをする人はきついかもしれません。毎朝食事を作っても自分だけ食べられないのですから。

 

バナナの代わりにキウイフルーツで

バナナが食べられないときはキュウイフルーツでもいいとなっています。
この場合は2つくらい食べるのが目安です。
これも、フルーツの酵素の関係で痩せる効果があると言われています。

 

便秘解消効果のあるグリーンスムージー

これに続き、今とても流行っているのはグリーンスムージーです。
残念ながら、ミキサーがないとできません。
小松菜、バナナ、リンゴなどミキサーに入れて、氷も入れてスムージーにする。
先にバナナを凍らせてからやると氷をいれないで済むのでいいと思います。
おいしいので続けられますし、お通じがかなりよくなります。
ダイエット効果もあり、美しくなれるので便秘気味の方はとても効果があると思います。

果物でのダイエットは便秘を解消してくれる効果があるので、痩せやすい体作りと美肌には最高だと思います。ぜひ、痩せ期の時に試してみてください。
うれしい効果があると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.