> >

野菜をたっぷり使った休日むけダイエットレシピ。カフェごはん風カレー&低GIおやき

ダイエットレシピ

 

ダイエットのために、毎日は無理でも時間のある休日なんかには、野菜たっぷりの料理を作りたい気持ちが沸いてきますよね。
そんな人におすすめの休日にうってつけのダイエットレシピをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

 

1度はやってみたいカフェごはん♪

カフェごはん的なカレーとサラダセットとかいいですよね。
カレーに含まれているスパイスは、身体の新陳代謝を活性化してくれます。
余分なものを使わないのでルーは市販のものを使って大丈夫です。
すぐ火が通ってうまみが出る白いぶなしめじを具材にしましょう。
これだけで身体に優しいカレーの出来上がりです。

 
サラダもサニーレタスとのりを適当にちぎって作れちゃいます。
サニーレタスは、塩でしっかりもんで水気をとれば、沢山の量を食べられますし、味もするので、他にドレッシングを使う必要がありません。

 

 

低GI値のおやきレシピ

野菜をたっぷりで作るおやきもおすすめです。
他の小麦粉料理よりもずっと炭水化物を抑えて作ることができます。

 

材料と作り方

★おやきの生地
薄力粉・強力粉 50g
水 70ml
塩 少々

 
スーパーによくあるビニール袋に入れて混ぜてまとめます。
まとまったら、サランラップをかけて5分程度放置しておきます。
だいたい6個作れるので、5分たったら少しこねてから6等分しておきましょう。

 
★おやきの具材
キャベツ 50g
じゃがいも 75g
豚こま肉 50g程度

 
キャベツは細かく刻んだら、塩もみして、水気はしっかりしぼります。
じゃがいもも火を通してつぶしておきます。電子レンジを使っちゃっても大丈夫です。皮はとりのぞいておきましょう。
豚肉も細かく刻んで、粒マスタードやしょうが、塩こしょうで簡単に味付けをします。

 
おやきとして包んでから火を通すだけで、豚肉にも火が通るので、このときは何もしなくていいです。
全部の具材をひとまとめにしたら、それを6等分にし、生地に包んでいきます。
あとは、フライパンで焼くだけです。
弱火でゆっくりやれば、小さじ1程度のオイルで事足ります。
上手に火加減を調節することで、よりヘルシーなダイエットレシピを可能とするんです。
だいたい、弱火でふたをして10分程度でしょうか。どちらかというと、蒸し焼きという感じかもしれません。
途中で返して裏を焼くことも忘れないでくださいね。

 
ちなみに、具材はなんでもOKなので、味に変化がほしければ、別の野菜を使ってもいいと思います。
電子レンジを上手に使って火をある程度通しておけば、だいたいの野菜で代用がきくので、困ったときのお助けレシピとしても覚えておくと便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.