> >

野菜で作るドレッシングレシピ。いつものサラダに彩りを添えて飽きずにダイエットを

ダイエットレシピ

 

 
ダイエットをしている時に、もっとも食べるものといえば、やはりサラダではないでしょうか。
でも、毎日サラダだと飽きてきてしまいますよね(泣)
特に夜、一生懸命仕事をした後に、サラダだけとか味気なかったりしますし、元気が出ないこともあると思います。
そんな場合に、夜でも食卓を彩ってくれるダイエットサラダレシピを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

 

香辛料・ハーブなど低カロリーな華を添えて

明日への活力を得るためにも、夜のサラダには、ちょっぴり贅沢な素材や味を加えてみるのもいいかもしれません。
香辛料とかハーブといったものをプラスすると、彩りのアクセントにもなって美味しそうに見えますよ。
視覚的な満足も高いと、総じてお腹の満足感も高いみたいです。
それと、いろんな野菜を取り入れるとリフレッシュできます。
これは気分的な問題だけでなく、野菜に触れることで森林浴をしているような雰囲気を味わえると医学の研究でも知られていることなんですよ。

 

 

グリーンじゃない野菜があると見た目の満足度も上がります

取り入れてみるといいかなって思える野菜として、彩り鮮やかな紫キャベツや紫玉ねぎなどの紫色の野菜なんかがあります。
栄養素的にも普通のキャベツや玉ねぎと遜色ありません。

 
ただ、少し値段が高いのが気になるなら、普通のものと一緒に使うという手もあります。
トマトと玉ねぎのバジルサラダでも、飾り用として紫玉ねぎ:玉ねぎ=1:2ぐらいで使えば見た目にも美しいサラダになります。
バジルは乾燥のもので大丈夫です。
ドレッシングとして塩とタバスコを効かせると、普段とは違うサラダの出来上がりです。

 

たまには珍しい野菜も食べてみよう!

あと、チコリとかクレソンなんかも名前を聞いたことはあるけど、食べたことのない野菜だったりするかもしれませんね。
チコリは小さな白菜みたいな野菜ですが、ちょっと苦みがある野菜です。
普通は、何かをディップしてチコリボートと呼ばれる料理として食べられますが、そのままでもいろんな野菜と合わせると、見た目も食感も楽しめます。

 

 

サラダの味を左右するドレッシング

手作りなら、ドレッシングも野菜たっぷりのものを作ることができます。
おすすめは大根・にんじん・玉ねぎのドレッシングです。
同量の野菜をそれぞれおろしてしまいます。
あとは、全部を混ぜ合わせて塩やお酢で味を調えるだけでOKです。

 
他にお手軽にできるドレッシングとしては昆布のだしを効かせたドレッシングも美味しいですよ。
刻み昆布をみじん切りにし、大さじ1程度のしょうゆ・お酢・お水に味をしめる砂糖を少々加えるだけです。
あとはお好みの野菜をつけて食べるだけで、楽しい夜のごはんになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.