> >

全く無理せず続けられるダイエット食事法「ベジ・ファースト」確実な効果を得るには?

よく○○ダイエットと言われては、人気になってすたれていきますよね。
医学の進歩も目覚ましいので、ダイエット関連の話題はつきません。

 

ダイエットレシピ

 

最近注目されているものとして、野菜を最初に食べるベジ・ファーストという考え方です。

野菜を最初に食べて、その次にお肉とかお魚とかを食べて、最後に炭水化物を少しにするというものです。
昔みたいに身体を動かすことがなくなった現代人にとって、炭水化物はあまり多く摂らない方がいいものなので、理にかなっているといえます。

スポンサードリンク

 

 

もっとベジ・ファースト!確実に効果を出すコツ

人気のベジ・ファーストを上手に活用するにはコツがあります。
ただ、食事の順番を変えるだけでも、多少の効果は期待できるのですが、できればダイエットを促進させたいですよね。

 

コツ1:食事のたびに実行すること

コツの一つとして、なるべく朝と夜二回のベジ・ファースト習慣を身につけることです。
そのとき大事なのは、朝と夜の内容をちょっと変えることです。
朝はこれから活動するので、元気に過ごすために必要な酵素とかビタミンCを積極的にとるということです。

 
次に、夜の方は体も心も休まる優しい野菜を使った料理がおススメです。
胃腸に負担をかけないゆでたり、蒸したりした野菜を活用すると良いですよ。

 

コツ2:野菜を食べる時間が無いときは野菜ジュースを

朝時間がなくて、朝食を食べる時間もないって人は、野菜ジュースから始めてみるといいかもしれません。
ミキサーに切っておいた野菜を入れるだけでできてしまいます。
今は一人用のミキサーも売っていますから一人分も作りやすくなっています。

 
腹持ちが気になるなら、ジュースの中に少量のおし麦を入れるのがおススメです。
おし麦というのは、大麦を食べやすくしたもので、栄養価は変わらないものといえます。
食物繊維が豊富なのと、血糖値の上昇を抑制してくれるという特徴があります。
まさに健康食材といったものですね。
これで、腸内環境を整えることができるので、朝のジュースレシピにおし麦というだけでダイエット用に変身します。

 

 

メインも野菜にしてみては?

あと、夜用は少しタンパク質の入った主菜レシピを作るとダイエットに弾みをつけることができます。
簡単にできるレシピとしては皮もまるごと使った長いもや大根のステーキです。
輪切りにした大根や長いもをオリーブオイルで炒めるだけでできちゃいます。
少量のベーコンを加えるだけで食べた感じもありますし、わさび醤油なんかとの相性も良いのでおすすめなレシピの一つです。
ポイントとして、最後にフライパンの上で火にかけて水分を飛ばします。
表面がかりっとすると食感の違いも楽しめてしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.